やってあげることとやらせること

多くの方に発酵を使った手抜き料理が広がるよう下の「➡ランキングに1票」バナーをクリックにご協力くださると嬉しいです

ココアパウンドケーキはチョコが入っていないと思えないくらいチョコ味。

チョコと感じるにはチョコの成分をみると分かりやすいです。

チョコはカカオ、砂糖、油分。この3つがそろえばチョコ味になります。

どうしたいのか?

が分かると、チョコが無くても慌てない。

目的があると手段はいろいろ選べる。だから楽しいです。

選べる、決められる、形になる

この3つの流れが最後までたどり着けたときの達成感が自己肯定感を作るんだよね。

 

末っ子はもうすぐバレンタインに向けて秘密のあるものを作りました。

キットには材料が計量してあるので説明書通りに作るだけ。

QRコードで読み込めば動画で作り方も見れます!

超簡単、すぐ作れそう!!

って簡単に言って作れるもんじゃぁありませんよ、オクサン。

湯煎がくせもの。

チョコレートはデリケートなので溶かすときは直火はNG

容器に入れたチョコレートをお湯に浮かべて溶かします。

お湯の温度は熱湯はNG

ホワイトチョコレートとあらば速攻分離。修復不可能です。

『うっすら湯気がでるくらい、でも熱すぎない温度の』お湯。これめっちゃ重要。

湯煎はもれなくお湯がこぼれるし容器が思ったより熱いので火傷の危険大。

びちゃびちゃ、アツアツ覚悟で作ります。

 

困ったら言ってね。

 

悪戦苦闘する末っ子を見守る。ガンバレ末っ子。

手を出すのは最低限。私が作るんじゃなく、末っ子が作ることに価値があるから。

作るということはそういうこと。

食べる人のことを思って作る過程に価値がある。

思いを見失うとき価値は無くなり義務になってしまう。

義務にならず作るためには自分の気持ちに向き合うこと。

何がストレスなのかを考えること。

お菓子作りのストレスになりがちな計量はキットを使えばストレスフリー♪

形になった時に喜びや次も作ってみようというやる気に繋がります。

末っ子にとってバレンタインお菓子作り初めの一歩はキットを使ってよかったなと思いました。

チョコは今も冷蔵庫。その時まで我慢。末っ子と私だけの秘密です。

「やってあげる」と「やらせる」の線引き大事だね。


レシピ開発・監修・執筆などお仕事のご依頼は

下記のお申込みフォームよりお願いします。

日本の発酵を世界へ!


▼最新情報▼
Facebook

Instagram
85kazoku で検索♪

▼レシピ掲載中▼
クックパッド

ナディア

関連記事

  1. 今を生きる
  2. ハロウィンベイクドチーズケーキ
  3. ご飯作り楽しい?
  4. 【レシピあり】ミートローフと野菜のグリルを同時調理★少ない洗い物…
  5. 朝ごはん作りは夜ご飯の余裕作り
  6. 毎日鏡を磨いています
  7. 西東京にシェアルームオープン
  8. 起業コンサルティングのお仕事

最近の記事

レシピ

PAGE TOP