焦ってもいい、できなくてもいい

多くの方に発酵を使った手抜き料理が広がるよう下の「➡ランキングに1票」バナーをクリックにご協力くださると嬉しいです


*7月よりオンラインレッスンはご希望の日程・メニューに応じてご予約承ります。

詳しくは下記のお申込みよりお問合せください。


『早く夏休みにならないかな~♪♪(*´▽`*)』
夏休みはいらないんじゃないかと思っている私と心待ちにしている子供達の温度差よ。
夏野菜はすごくいるので、おいしいので沢山食べます。
茄子とピーマンをサッと焼いてめんつゆで漬けました。
茄子の鮮やかな紫色はできたてが一番映えます。
キレイな紫色が嬉しくて娘にみせました。
食べ物がもつチカラに感謝しながら。
小5になり話を聴く行動するまでの流れがスムーズになることが増えてきました。
「手を洗ってね」という声掛けをしても目に飛び込んできたオモチャの世界へどっぷりつかって戻ってこない小1時代が懐かしい。。。
戻ってこない時代の時は焦りと怒りと不安がぐちゃぐちゃになっていました。
すべて誰かのせいにしたくなります。
ぐちゃぐちゃな気持ちの原因はね。
できるようになってほしいのに現実は違う、という寂しい気持ちが根っこにあるから。
そう、寂しい。
寂しさはできるようになった現実だけが埋めるものじゃなくて、自身が気持ちを切り替える勇気が必要です。
いつも空っぽでいたい余裕と言う名のコップがあるならストレスがコップを満たす前に楽しいことをやってみる。
テレビ、本、いつも通る道、食材、、、
なんでもいい、1個いつもと違うことをやってみよう。
発達障害の子のできる・できないはその子によって違うものだから、気長に見守るのがお互いストレスフリーでいい気がします。
栄養ドリンクのようにそれ1本でカンペキ!とはいかないものだから。
焦っちゃうときは焦っちゃう自分もよしとして。
”よしと思えた自分が”昨日の自分より一歩前進なのです。

平祐奈ちゃんとハンバーガー作り。

パート2もよかったらご覧ください。楽しく作るのが一番だね。

発酵家族のFacebookページの動画をチェックしてください。おうちにいるときや移動中にチラリと見てくれると嬉しいです。

発酵家族のFacebookページ画面左の「動画」をクリックすると今までの動画もみられます。


レシピ開発・監修・執筆などお仕事のご依頼は

下記のお申込みフォームよりお願いします。

日本の発酵を世界へ!


▼最新情報▼
Facebook

Instagram
85kazoku で検索♪

▼レシピ掲載中▼
クックパッド

関連記事

  1. 私の家事スイッチ
  2. 【レシピあり】ブロッコリーの塩麹炒め
  3. ゆで卵を子供と一緒に作る
  4. 子供がゲーム時間を守れるようになった
  5. リピーターが熱く語る発酵家族の魅力3つ!発酵メンバーミーティング…
  6. 子供の発達障害★てんかんその⑮
  7. 時間に追われるのが苦手だからこそやっている習慣
  8. 子供の発達障害★てんかん その③

最近の記事

レシピ

PAGE TOP