甘酒がハート 夜ご飯作りで気付いた子供は先生

かぼちゃと生ハムサラダ

会いたいねと言っていた人とまた1人会うことができました。

いつか会えたら、と思った人とは積極的に会うようにしています。

2時間ほどの短い時間でしたが、

思っていること・悩んでいることをシェアできました。

自分の中のゆずれない軸が見えてきます。

ご一緒できて嬉しかったです。

 

自分が選んだことで時間を忘れることができる時間が

どれくらいあり、何をするか。

人によって時間の長さが違うと思います。

新生児がいるお母さんなら、お昼寝の数時間。

できないこともあるけれど、できることに目を向けて。

好きなことに没頭できる瞬発力を日頃から養っておくこと。

”意識する”習慣は0円でできること。

 

毎日のご飯作りはどこで手を抜けるのか

作るたび意識してみてください。必ず変われます。

 

3軒のお店をはしごして買出し。

試作もいくつかできました。

 

夜ご飯作りはスパイスぶちこぼしからスタート。

これは、まだ序の口。

子供にこぼした事実を伝え

一緒に拭きます。

ついでに、床を全部ぞうきんがけ。

きれになりました(笑)

 

私も♪

甘酒をこぼしましたww

ポリ袋に入った甘酒をおしゃれな容器に移しかえる。

それだけなのに、体は正直です。

気持ちは急いでいないつもりなのに、体は焦っている。

”お母さん、これハートだよ!!”

ションボリしながら、焦りながらご飯を作ろうとしたら息子が教えてくれました。

こぼれた甘酒がハート模様になっているではありませんかっ。

すごーい!!!

ハートに気付いた息子に感謝。

子供は先生ですね。いろんなことを気付かされ・教えられます。

 

昨日は取っ組み合いほどのケンカはなかったので割と平和なご飯作り。

カレー風味の秋刀魚のオーブンカツとかぼちゃコロッケ

キューリとかぼちゃと生ハムのサラダ

コロコロ野菜と豆腐の煮物

小松菜とかぼちゃのおかか炒め

ご飯

さつま芋とリンゴのハチミツ煮

 

“私がかけてあげるwww”

ソースをカツにかけたがる世話好き末っ子。

ボクがかける!!とソースケンカ勃発。

(ソースをかけるのは)少しでいいからね、少しだよ・・・

言えば言うほどかけ過ぎるのは必然。

ケンカの勢いもあって、案の定ソースをかけすぎます。

ソースはウスターソース(醤油並みのサラサラ度)だったんですね~~

しょうがない。お皿の端っこでソースをきりながらカツを食べるのもいいよね。

 

 

寝るときに、私が布団に入ると娘が来て私のほっぺにchu♪

↑私が娘を起こす時にしていることと同じ。

私がするのはいいけれど、いざ同じことをされるとテレます。

わ~~

私が布団をかぶると、布団をはがされてchu again←これもマネ

続けて息子も私のほっぺにchu♪

 

子供は教えなくても、いろんなことを覚えますね。

 

おすすめ記事

  1. 娘とだし巻き卵を作る
  2. 日本の発酵と家族の共通点
  3. 小田原城 旅行で気付いたこと
  4. ”食べることは発見だらけ”干物の鯵を欲しがる4歳児
  5. 本日1日発酵カフェやってます
  6. ”してあげる幸せ”を実感。子供とご飯作りで感じた成長の証
  7. 甘酒とヨーグルト 家族会議の週末
  8. 譲れた・待てた 子供の成長を感じた嬉しい1日

関連記事

  1. どうしてパンを作りたくなるの?買ったパンとの違いはここにあった
  2. 床に塩を全部こぼす夜ご飯作りの始まりとその後
  3. 献立のレパートリーを増やす方法
  4. 子供と一緒に料理 ”ポーチドエッグ成功への道”
  5. 秋の夜、親子で手仕事。ずんだ愛。
  6. 夜ご飯7品40分で作れた理由とは・・・
  7. 1日1個しりとり料理
  8. 舞茸とゴボウのポタージュ ”相談しよう”すべて1人でやっている私が創業セミナーで感じたこと…

最近の記事

レシピ

PAGE TOP