これだけは苦手なもの

ゼッケン

子供達が起きる前にコレを作りました。

ピッキーピックスを愛用中。

 

 

さて、子供達が起きました。

朝ごはんのあとは、こいつをやると決めていました。

息子の体操着にゼッケンをつけました。

料理は好きだけど、これだけは苦手。。。

裁縫がとても苦手。。。

背中の生地とゼッケンを一緒に縫い付けるくらいのレベルです。

相当気合を入れて裁縫箱を出してくると、娘が裁縫箱を物色します。

ボタンや糸、糸切りバサミ。。。

みるもの珍しく手にとっては振ったり伸ばしたりしています。

裁縫箱の中はワクワクが詰まっているようです。

一方私といえば、ゼッケン付けに奮闘。

ありえない糸の絡まり方をするので四苦八苦

「みてみて、こんな風に糸がからまった!

どうやったらこんな絡まり方をするのか、ワカラン。」

独り言にしては大きい声でゼッケンをつけ。

30分でつけられましたー。

次にゼッケン付けをするときは、もう少し短い時間でできるかな。

 

気を取り直して、近所のスーパーまで買い物。

「今日買うのはね、魚と玉ねぎと・・・」

スーパーで買うものを子どもに伝えておきます。

食材を子供達に選ばせるためと短期記憶を鍛える為。

「そういえば、何かうんだったっけ?」

「えーと、、、玉ねぎー!」あたり!

 

メインの食材はスーパーで決めました。

その日に食べたいものはその日に作りたい。

作り置きもいいけれど、味が落ちるし作る時間が長い。

せっかくの週末なのに、作り置きおかずで時間を使いたくない。

だから、プチ作り置きをします。

小松菜を洗っておく、きのこをほぐしておく、ブロッコリーをゆでておく

お昼ごはん作りのついでにできることばかり。

買い物から帰るときは雨が止んでいました。

 

雨は止んでる、今だー!

食材を置いて、近所の公園に行きました。

家にいるばかりではつまらないよね。

息子と末っ子と3人で散歩。さぶい。。。

走りたくてしかたがない子供達は公園までダッシュ。

すぐに上着をぬぎました。

元気で走って、飛んでいるのを見守れるくらいになったんだ。

その小さい手をつないでいないと不安で楽しめない散歩をしていた頃が懐かしい。

 

 

夜ご飯のメインはイナダ

塩麹で下味をつけてオリーブオイルをかけて

息子と一緒にほぐした舞茸と一緒にオーブンで焼きました。

息子とサラダを作っていたら、末っ子が寝てしまいました。あらあら

イナダのオーブン焼き

ひじきとブロッコリーのサラダ

小松菜とかぼちゃのおかか炒め

肉じゃが

ご飯

 

一番人気は肉じゃが。

味付けは甘酒と醤油。隠し味は鰹節。

テリを求めないおかずは、甘酒で甘みをつけます。

ダシを入れない代わりに鰹節をジカ入れ。

おたま2杯の鰹節が旨みをググット引き上げます。

鰹節は削ったものでは追いつかないこともあるので

細い削り節をビンにいれて冷蔵庫で保存しています。

 

肉じゃがはたっぷり作ったハズなのですが

おたま1杯分しか残りませんでした。

沢山食べてくれて嬉しい!!

また作ろう。

 

”マツジュンの苗字って松本だっけ??”

”違うよー”

 

たわいない会話をしながら夜ご飯を食べていたら

あれ、息子が食べながら寝てしまった。

山盛りご飯をお代わりして、肉じゃがをたらふく食べて

テーブルにつっぷしていました。

息子、テーブルから布団の夢のコース。

入れ違いに末っ子が起きて夜ご飯。

 

あったかな週末でした。

 

 

おすすめ記事

  1. 春の発酵スイーツ★甘酒いちごゼリー
  2. 段取り力を相当鍛える料理教室”ご飯作りを見直したいと思いました”…
  3. チョココロネ 床に落下 夜6時
  4. 初家族ボーリング
  5. ご飯はみんなで食べよう
  6. 米粉パンと芋を焼く★私の夏の楽しみ方
  7. ベチャベチャ蒸しパンで笑いあう夕方
  8. 池田屋さんの花鰹 都内で行ける美味しさ集まるマーケット

関連記事

  1. 6時に帰宅して作る発酵夜ご飯とスイカ割り
  2. 4歳末っ子と1対1でおでかけ
  3. スモールステップを一歩ずつ
  4. ブドウに続くブドウ
  5. 秋刀魚の心臓は三角だった!息子と一緒にキッチンハサミで秋刀魚をさ…
  6. 材料4つ★病み上がりには甘酒でミルクセーキ風を。
  7. 子供と一緒に夜ごはんとこねないパンを作る
  8. シュークリームタワー

最近の記事

レシピ

PAGE TOP