夫の家事・育児レベルは後進国?!

あなたは、家事に何時間使っていますか?

 

内閣府調査による6歳未満の子供がいる家庭において

1日当り家事・育児に使う時間を夫・妻で比べた調査。

日本・・・妻7.4時間  夫1.7時間

アメリカ・・・妻5.4時間  2.5時間

参考資料

 

個人的には、家事・育児は20時間使っている(つもり)

育児は体調不良はつきもの。

いつも元気でいて欲しいけれど、風邪をひいたり

感染症にかかることもあります。

子供が熱を出せば夜もほとんど寝ないし

元気になってほっと一安心。

休もうかなと思っても、トイレトレーニングは待ったなし。

タイミングは予告無しにやってきますから(苦笑)

気持ちが全く休めません。

笑えなくなったら、自分を見つめるサイン。

一時保育をお願いしたり、ちょっと珈琲を飲みにでかけたり。

リラックスできる方法を家族で話し合いましょう。

 

上記の調査をみると、日本の夫=もっと手伝え

というイメージを持ちませんか?

もっと家事・育児を手伝うべきだ、と。

果たして、そういうとらえかたでいいのでしょうか。

手伝っている、やってるオレ(妻の心情は置いておいて)

という人にとっては穏やかではないですね。

実際に手伝っている・手伝っていないということは別問題。

大切なのは、夫を変えるのではなく、自分が変わること。

自分の負担を減らせる努力ってあるんじゃない?

ご飯作りが大変だったら、手間を省けるんじゃないの?

 

どうせ私なんて、家事しかできないし・・・

育児してるから、働けないし・・・

かわいい娘が産まれて毎日楽しい育児!のはずが

10年前の私は下ばかりむいて歩いていました。

 

そうだ、私は変われる!今のままじゃヤダ。

そのために身につけたのは発酵食品を使った

効率的なご飯やパン作り。

ご飯作りの段取りは日々の訓練にあり。

1回料理教室に行ったくらいでは到底身につきません。

道具の場所や家族の好みが違うから。

 

家族が喜ぶレシピに変換したり、

手持ちの道具・手に入る食材で作る方法をみつける必要があるからです。

 

だから毎食・毎食作るときに考えます。

”どうやったら、手間を省いて家族が喜ぶご飯が作れるか”

答えは自分の中にある。

だから、いろんな食材を使い調理方法を変えてみる。

失敗することも山ほどあります。

経験が行動の種となる。

作ったこと・みたことがある経験から

献立作りが始まるのです。

 

夏休みはこんな面白いものを飲みました

シャリコーラ

甘酒+炭酸+コーラ香料

の味。くら寿司で飲めます♪

 

おすすめ記事

  1. ゴロゴロ豚肉と野菜の黒酢炒め 料理で子供の自己肯定感を上げる
  2. 舞茸とゴボウのポタージュ ”相談しよう”すべて1人でやっている私が創業セミナーで感じたこと…
  3. 味噌は想い出作り 楽しく味噌を作るためにすること
  4. びよりランチ20171110 娘のサラダが一番おいしいおかずだった夜ご飯
  5. 来て来て!レッスン ▼発酵おかずレッスン2月▼
  6. かぼちゃ甘酒チョコアイス 罪悪感が減る甘酒アイス
  7. 黒こげトースト 黒こげマシュマロトースト
  8. 鶏ハムとキューリの和え物 【アレンジレシピ】レンチン鶏ハムとキューリの和え物

関連記事

  1. レシピ通りじゃなくていい、家族仕様に変換する習慣をつけること
  2. 生卵と靴下 イライラしながら生卵を混ぜるとこうなるってば。。。
  3. もやしとわかめと中華クラゲ 少ない手間でイメージ通りのご飯を作ると達成感が生まれる
  4. 日の丸弁当 複数おかずを同時進行で作るを視覚化!発酵おかずレッスンレポと日の…
  5. 豚バラブロック甘酒塩麹漬け 甘酒をどうやって料理に使うのか
  6. 夫野菜炒め 子供に料理をさせる目的とは
  7. 子供が成形したパン生地の味は違うのか実験
  8. 献立のレパートリーを増やす方法

最近の記事

  1. アレンジこねないパンレッスン
  2. 発酵ベイクドチーズケーキ
  3. おみくじ春巻き

レシピ

PAGE TOP