発酵食品を使ったお弁当作りで気をつけること

10年以上続いているお弁当作り。

IMG_20170405_063716

産後はお弁当作りをお休みしていたら

「そろそろお弁当作ってくれない?」

育児で大変であろう私を気遣ってか

少し申し訳なさそうに夫が言いました。

社員食堂や買ったお弁当の生活を続けていましたが、

とうとう限界がきたようです(笑)

 

 

私のお弁当は発酵食品を使っています。

塩麹・甘酒・醤油

このどれかは必ず使っている発酵調味料です。

発酵食品をお弁当に使うときのコツは下味のタイミング

下味は当日の朝ではなく、前日がベスト。

冒頭の写真は前日にひき肉に塩麹と甘酒を加えておいたもの。

次の日は玉ねぎ、卵、ナツメグを加えて

オーブンで焼きました。

塩麹と甘酒でお肉がふっくらジューシーになっているので

冷めてもおいしいのです。

 

前日の夜ご飯のついでに次の日のお弁当の準備。

ほんの数分で済むことですが夜ご飯作りは忙しいもの。

 

「下味をつける時間なんて無い」

「それどころではない」

怒涛の時間に下味できないと思う人も多いでしょう。

 

いったい、何のための発酵食品なのでしょう?

私にとって、発酵食品は時短のツール

夜ご飯も発酵食品を使うことで時短につながり

お弁当の下ごしらえの時間が確保できるのです。

お弁当作りで気をつけることは彩り。

赤・緑・黄色のどれか2色は必ず使うと

自然と彩りが豊かになります。

パプリカ、キューリ、人参

vegetables-2135733_640

夜ご飯にも使えるようについでに切っておく、ゆでておく

だけでも夜ご飯の段取りがグンとアップ。

 

お弁当、おいしかった!

 

の一言で気持ちも発酵します。

 

毎日続くご飯作りをどうやったらラクにヘルシーに続けられるか

私のテーマです。

おすすめ記事

  1. 秋刀魚をおろす 秋刀魚で食育
  2. ひまわりレモンパン ひまわりレモンパンレッスン@高円寺
  3. 焼き茄子おかか酢醤油漬け 発酵作り置きおかず<その5焼き茄子おかか酢醤油漬け>
  4. レンチンとろけるチョコカスタードがたっぷり!こね時間1分★ココア…
  5. クリスマスリース2017 発酵サンタは忙しい
  6. スーパームーン★発酵レシピ
  7. 来て来て!レッスン ▼発酵おかずレッスン3月▼
  8. ハートの舞茸 夫婦の会話と険悪な雰囲気をすくった救世主

関連記事

  1. えのきをハサミで切る 発酵おかず作り脳 ”道具の使い方を見直す”
  2. 切れる包丁は料理上手への第1歩「包丁を研ぐ」
  3. 豚バラブロック甘酒塩麹漬け 甘酒をどうやって料理に使うのか
  4. こねないパンチーズ パンを焼く理由は自己肯定感を上げるため|30分でおかず4品
  5. ママの仕事を減らす努力をする
  6. 夜ご飯20170921 あおきけ劇場開幕
  7. 発酵作り置きおかず<その9ゆで卵の塩麹漬け>
  8. 発酵ランチのケータリング

最近の記事

  1. アレンジこねないパンレッスン
  2. 発酵ベイクドチーズケーキ
  3. おみくじ春巻き

レシピ

PAGE TOP