発酵食品を使ったお弁当作りで気をつけること

10年以上続いているお弁当作り。

IMG_20170405_063716

産後はお弁当作りをお休みしていたら

「そろそろお弁当作ってくれない?」

育児で大変であろう私を気遣ってか

少し申し訳なさそうに夫が言いました。

社員食堂や買ったお弁当の生活を続けていましたが、

とうとう限界がきたようです(笑)

 

 

私のお弁当は発酵食品を使っています。

塩麹・甘酒・醤油

このどれかは必ず使っている発酵調味料です。

発酵食品をお弁当に使うときのコツは下味のタイミング

下味は当日の朝ではなく、前日がベスト。

冒頭の写真は前日にひき肉に塩麹と甘酒を加えておいたもの。

次の日は玉ねぎ、卵、ナツメグを加えて

オーブンで焼きました。

塩麹と甘酒でお肉がふっくらジューシーになっているので

冷めてもおいしいのです。

 

前日の夜ご飯のついでに次の日のお弁当の準備。

ほんの数分で済むことですが夜ご飯作りは忙しいもの。

 

「下味をつける時間なんて無い」

「それどころではない」

怒涛の時間に下味できないと思う人も多いでしょう。

 

いったい、何のための発酵食品なのでしょう?

私にとって、発酵食品は時短のツール

夜ご飯も発酵食品を使うことで時短につながり

お弁当の下ごしらえの時間が確保できるのです。

お弁当作りで気をつけることは彩り。

赤・緑・黄色のどれか2色は必ず使うと

自然と彩りが豊かになります。

パプリカ、キューリ、人参

vegetables-2135733_640

夜ご飯にも使えるようについでに切っておく、ゆでておく

だけでも夜ご飯の段取りがグンとアップ。

 

お弁当、おいしかった!

 

の一言で気持ちも発酵します。

 

毎日続くご飯作りをどうやったらラクにヘルシーに続けられるか

私のテーマです。

おすすめ記事

  1. 休日の夜ごはんはパパっと作れるあったかご飯
  2. ”子供に罪悪感なく作って出せる”甘酒カップケーキレッスン
  3. 暮らしを豊かにするためにしていること
  4. 秩父夜祭を堪能
  5. 甘酒を沢山作ったとき
  6. ”してあげる幸せ”を実感。子供とご飯作りで感じた成長の証
  7. 発酵のことなら金曜日のびよりへ!日替わり店長
  8. 【レシピリンクあり】たたかないキューリおかか醤油★塩麹煮豚

関連記事

  1. 米粉100%蒸しパン作り2つのラクチン♪ポイント
  2. 芋ほりの日の夜ごはん♪
  3. 子供のお風呂当番
  4. 朝はいつも忙しい
  5. 気持ちよく作るための3つのポイント
  6. 鮭のエスカベッシュ 発酵作り置きおかず<その10鮭のエスカベッシュ>
  7. 人と絵本の1日でした
  8. すぐでき★人参は3等分してピーラーでむく

最近の記事

レシピ

PAGE TOP