1. ”ちょっと瞑想行ってくる” 息子と一緒に瞑想タイム

    某福祉団体が主催するお料理会の講師を担当しました。この夏に取得したガイドヘルパー。ガイドヘルパーとは移動介護従業者(いどうかいごじゅうぎょうしゃ、Guide Helper)は、各地の都道府県知事の行う研修を修了した者。通称、ガイドヘルパー、外出介護員と呼ばれている。障害をお持…

  2. 私の家事スイッチ

    発酵弁当お疲れ様!金曜日は肉巻き。えのきとインゲンを巻きました。巻いておくと朝は焼くだけなので、すぐに作れて忙しい朝でも心に余裕ができます。3連休が待ってるー!その先の楽しみを考えるとやるべきことにもエンジンがかかりやすいですね。たかがエプロン、さ…

  3. もうすぐ運動会

    かぼちゃミニクグロフパウンドケーキ型に入れればパウンドケーキになります。ミニクグロフ型にいれれば、かわいいサイズに焼けます。どちらでもおいしい秋の味。どっちも知っている。知ることはエネルギーがいること。知らなくてもいいけ…

  4. 料理しながら子供とコミュニケーションをとる理由

    かぼちゃミニクグロフ子供も食べやすいミニサイズ。長女の中間テスト応援おやつ。ご飯を作りながら分からない問題やつまづきやすいところを話します。マウス(クチ)とマウス(ネズミ)発音が全く同じに聞こえる純正日本人親子の私と娘。スペ…

  5. どうしてパンを焼きたいと思ったのか?満員御礼こねないパンクラス

    JR稲城長沼駅高架下にはこんな素敵な場所があります。くらすクラスこどももおとなも、まざってあそび、まなび、表現するみんなのための、みんなでつくるクラス私たちは、いまここにあるいなぎの暮らしの中で、「うれしい」「楽しい」「面白い」といった体験ができ、みんなの想い…

  6. ゆでないベーグルかぼちゃ味

    ゆでないベーグルかぼちゃ味いつものベーグルにかぼちゃパウダーを練りこみハロウィンカラーにしました。ベーグルは独特の皮の触感と詰まった中身が特徴。そのためにはよく噛むことが必要です。子供達は60回噛んでいたので、パンで60回噛んでるならまぁいいか。(…

  7. 家でシフォンを焼く理由

    甘酒米粉かぼちゃシフォンケーキ水切りヨーグルトとブルーベリージャムでハロウィンカラーにしました。シフォンを作れるようになったのは結婚してから。それまではカフェで食べるもんだと思っていました。軽い食感なのでクリームやトッピングでアレンジできるのもいいですね。作る人が楽し…

  8. 子供を信じる 子供を待つ

    土曜日だけど学校なのは長女だけ。みんなお休みモードです。朝が弱い長女はややもすると起きないのではと思うほどなのです。前日の金曜日の夜”明日は学校だね。朝起こしてあげよっか?”念を押します。親の協力なしには起きられまいと思ってしまいますが、長女の意外な答え。↓↓…

  9. 発酵プライベートレッスンでした

    昨日はプライベートレッスン。甘酒の作り方や甘酒を使ったおかずをご紹介しました。おひとりお一人の生活環境は様々でお困りのポイントも千差万別。プライベートレッスンでは発酵のことだけでなく料理や段取りをバージョンアップするレッスンです。育児と発酵はどこか似ている。どちらも適度に適当…

  10. 食育★スクランブルエッグを作るときの配慮

    できた!朝が弱い息子はいつもギリギリ登校。バスでの登校のため時間内にバス乗り場に到着できるようにするのが毎日の課題。せかすと逆効果だし、急がせないとバスに乗れない。やることを表にしても見ないwwですが昨日は着替えもスムーズ!自分でスクランブルエッグも作って食べました。1年前は…

NEW POSTS

レシピ

PAGE TOP