DIY療育グッズを作りました

多くの方に発酵を使った手抜き料理が広がるよう下の「➡ランキングに1票」バナーをクリックにご協力くださると嬉しいです


*7月よりオンラインレッスンはご希望の日程・メニューに応じてご予約承ります。

詳しくは下記のお申込みよりお問合せください。

コロナ休校があけて絵カードにとりかかりました。
絵カードとは?
発達障害の子が次にやることを視覚的にアプローチするためのカード。
『着替えてね、片づけてね』
言葉だけでは行動に移すことが難しい子もいます。
なかなか遊びをやめにせず、外出の時間が迫ってくるとつい「何度言ったら分かるの!早く片づけなさいって言ってるでしょーーー」後味が悪い気持ちで出かけることになってしまいます。
親としては何度も言ってるから分かっていると思うのですが実際はそうでしょうか?
その子自身にどのように届いているのでしょうか。
もしかしたら
『まだ遊びたいから片づけたくない』
というより
『片づけるという意味を理解するのが難しい』
『気持ちの切り替えが難しい』
おもちゃが見えるからおもちゃで遊びたい
ただそれだけ。
絵カードはその後の行動をイメージしやすいように絵カードを提示して行動に移すように使われます。
休校中は時間があったはずなのにね、作れませんでした。
作るための集中力がなかったのです。。。
絵カードのように療育を作るのはセンスが問われます。
パソコンと工作が得意な人は抵抗なく作れるのですが
私は2日かかりました。
絵カード作りで一番時間がかかったのが
『素材選び』
お馴染みいらすとやから素材をチョイス。
一連の流れを私の声掛けをできるだけへらしてスムーズに行動できるようにするのが目標。
まずは2つの流れを確立したいです。
①朝
②学校から帰って来てから
それぞれ行動してほしいイラストを選びます。
こーーれーーーがーーー時間がかかりました。
ピックアップした画像はワードにはりつけ
テキストを追加します。
1日目はこれで力尽きました(笑)
眼精疲労が半端ない。。。
2日ははワードのデータをプリントして
切って、フォルダにいれます。
イラストがフォルダより大きすぎると作りなおしなので慎重に切ります。
フォルダは市からもらった「歯医者でやること」を再利用したものです。
はがきフォルダで代用することもできるかな。
絵カードは壁にくっつけました。
一件落着とはいかないのが療育。
その子にあうか、どうかは手間の時間やお金ではないのです。
手間暇かけたDIY療育グッズもその子に合わなければ玉砕。
何度となく玉砕経験があるので慣れていますが今回はどうでしょうか。
合うといいなー!
そもそも絵カードを見るのか?
珈琲ゼリーで気分転換。
めっちゃくっちゃおいしくて家族に大好評!
コーヒーが苦手な末っ子も牛乳ゼリーを多めにしたら全部食べられました。
大人の階段一段登った瞬間♪
『昨日できなかったことが今日はできた』
その瞬間に立ち会えた贅沢をありがとう。

発酵家族のFacebookページの動画をチェックしてください。おうちにいるときや移動中にチラリと見てくれると嬉しいです。

発酵家族のFacebookページ画面左の「動画」をクリックすると今までの動画もみられます。


レシピ開発・監修・執筆などお仕事のご依頼は

下記のお申込みフォームよりお願いします。

日本の発酵を世界へ!


▼最新情報▼
Facebook

Instagram
85kazoku で検索♪

▼レシピ掲載中▼
クックパッド

関連記事

  1. 花とお茶 ”苦手という問題ではない”日々のご飯作りで必要なのは思考の習慣
  2. 【レシピあり】甘酒人参ラペ★バジル風味
  3. 【レシピあり】カプレーゼ風豆腐サラダ
  4. 子供と一緒に料理 ”ポーチドエッグ成功への道”
  5. 【レシピあり】さっぱり!カニカマキューリサラダ
  6. エピは楽しい!みんなで食べたくなるパンだから
  7. 家でシフォンを焼く理由
  8. 秩父夜祭を堪能

最近の記事

レシピ

PAGE TOP