【レシピあり】粉を振るわないバナナケーキ

【重要】
しょっぱなに重要なお知らせです。
コロナウィルスの影響により3月のサークル85は延期させていただきます。

4月はコロナが収まっている(はず)なので今のところ開催予定です。
お申込みくださっている方には後程ご連絡させていただきます!

こればかりは仕方がない。
とはいえ!諦めるなんてイヤ。思考の発酵は止められません。

いい方法は無いものか、、、ちょっとお時間くださいね。
気持ちを切り替えて方向転換します。


まじ、コロナ。。。

小中高休講、そんなすぐにできちゃうもんなのでしょうか。

保育園の園長先生(小学生のお子さん2人いらっしゃる)と一緒に呆然としました。

我が家も夫と家族会議。

どうするべ。

 

それはさておき、ピンチはチャンス。

コロナは早く収まって欲しいですが今できることに思考をシフト。

免疫を高めると言われている発酵食品。

発酵料理ネタを増やすチャンス。

発酵バターを使ってバナナケーキを焼きました。

バナナあったら食べない、無いと食べたがる。そんな存在じゃないですか?

買ったのに食べるタイミングを逃していたバナナはケーキを作るためにあるんじゃないか、という気すらします。


バナナケーキ

▼材料▼
発酵バター(無塩) 85g
砂糖 50g
溶き卵 2個
バナナ 2本
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1.5

▼作り方▼

*準備
パウンド型にオーブンペーパーを敷いておく
サツマイモをオーブンに入れて180℃に予熱しておく。

作り方
1、泡だて器で薄力粉を混ぜる。容器に入ったままでOK。よく混ぜます。(混ぜる回数約50回)こうすると粉を振るわなくてもダマになりません。

2、室温に戻したバターをよく混ぜてから砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜる。

3、混ぜながら溶き卵を少しづつ加える。バナナを加えてつぶす。

4、薄力粉を加えてよく混ぜる。

5、ベーキングパウダーを加えてゴムベラで混ぜる。混ぜる回数約50回。

6、生地をパウンド型に入れて焼く。180℃30分。15分焼いて中央に切れ目を入れると『さもパウンドケーキ』っぽくなる。

7、焼けたらすぐに型から出し、キッチンペーパーとラップで包み保湿。粗熱が取れたら切り分ける。

ポイント
☑粉を振るいたくなかった(粉振るい、またはザルを洗うのがイヤだった)ので最初に粉を混ぜておきます。
☑バターを室温に戻すときはレンジで10秒づつ加熱または発酵モード(40℃)10分加熱してください。
☑パウンドケーキだけでオーブンを使いません。ここぞとばかりにサツマイモを入れるのをお忘れなく。

 

 

先日は結婚記念日でした。

子供達に割り込まれず最後まで話せて、聴けました。

こんなにゆっくり噛んで味わったのは久しぶり(笑)

丁寧に作られた料理にもすごく刺激を受けました。

コロナどっかいっちゃえ。

空も青く良き日に感謝です。


レシピ開発・監修・執筆などお仕事のご依頼は

下記のお申込みフォームよりお願いします。

日本の発酵を世界へ!


▼最新情報▼
Facebook

Instagram
85kazoku で検索♪

▼レシピ掲載中▼
クックパッド

ナディア

関連記事

  1. ちょい足し発酵で夏を楽しむ
  2. クッキー クッキーファミリー
  3. 山積みパンケーキ
  4. リンクあり★肉ゼロ豆腐ローフと日々のこと
  5. 子連れ水族館なのに写真をあまり撮れなかったワケ
  6. 子連れ旅行★行く前の段取りからお役立ちグッズまで
  7. 旬の酒粕を使って手作りカンパーニュ
  8. 食卓で森林浴♪うど料理

最近の記事

レシピ

PAGE TOP