【レシピあり】ふっくら♪れんこんハンバーグ

肉を使った料理はおいしいし家族ウケもいいんだけど、洗い物が面倒。。。
キレイに成形できて片づけもラクになるように作りたい!
ポイントは出しっぱなしの水。水を手につけながら成形すると油いらずでキレイに小判型が作れます。
レンジで作るしんなり玉ねぎも甘みのアクセントになっています。
蒸し焼き製法でふっくらジューシーなハンバーグ。

パン粉&牛乳も不要。
ぜひお試しくださいー!

▼ふっくら♪れんこんハンバーグ▼

*材料*材料2人分

合いびき肉 300g
玉ねぎ 85g(←発酵♪)
れんこん 85g(←発酵♪)
塩麹 大さじ2
にんにく 1かけ
卵 1個
【A】 ケチャップ 大さじ1
【A】 とんかつソース 大さじ1

 

*作り方*

1、合いびき肉は塩麹を加えておく。
玉ねぎはみじん切りにして耐熱容器に入れレンジで3分加熱する。フタを開けて冷ましておく。レンコンは皮をむいてみじん切りにする。

2、合いびき肉をよく混ぜる。粘りがでたら卵、れんこん、にんにく、加熱した玉ねぎを加えてよく混ぜる。

3、4等分にする。手を洗い成形するまえの準備をする。フライパンに油(分量外・小さじ1)を加え弱火で温めておく。水道の水を細く出しっぱなしにして両手を濡らしてから1個目のハンバーグを小判型に成形する。手にひき肉がつくときは水を少しつけて成形するとキレイにできる。1個目が成形できたらフライパンに入れる。再び手を濡らし同様に3個作る。

4、出しっぱなしの水で手とボールとシンクを洗い終わってから中火にして焦げ色がつくまで焼く。裏返して水(分量外・50g)を加え中火で5分蒸し焼きにする。
ハンバーグを取り出し、【A】を加えて煮詰めソースにする。盛り付けたハンバーグの上にソースをかける。

 

*余談*

安かったから合いびき肉を買ったけどハンバーグを作る時間が無いー!というとき(←あるあるw)は塩麹を加えラップの上から押して(障子に穴を開ける感覚で)下味をつけて冷蔵庫または冷凍庫で下味をつける。

あちょー

 

眉間にしわを寄せずに作れるポイントは3つ
『出しっぱなしの水、予熱されたフライパン、蒸し焼き』

想像してみてください。

昼間は公園やら習い事の付き添いでそろそろ疲れがでる時間。

作る人は自分だけ。子供達はゴッコ遊びをしている週末の夕方。

キャーキャーしながらキッチンもリビングもかまわず走り回る子供達。←ゼンゼン疲れてない人達・・・

手っ取り早く、でもおいしい家族が喜ぶ夜ご飯が食べたい。

そんな時に限ってパン粉をこぼしたり、牛乳がキレていたりする。

パン粉を買っておいたのに、一昨日使っちゃったんだ。。。

リアルにうちの状況すぎる例えですが、優雅に作っていられませんよねと言いたいわけです。

前置きながっ。

作る人も育児する人も自分だという想定で作るためには

すぐに片づけられたり、両手が汚れた時間が短いというのはものすごく重要なのです。
ひき肉だらけの両手だと子供をダッコできないし、蛇口のレバーをヒジで動かすのも面倒なのでチョロチョロ水。
蒸し焼きにすることで中までジューシーに仕上げます。
れんこんの食感もカサ増し効果だけでなく食べ応えもアップしてくれます。

週末にぜひぜひ作ってみてくださいね~。

 

 

今のあなたにしかできない、できること

 


いつも読んでくれて本当にありがとうございます。めちゃくちゃ励みになります!!

多くの方に発酵を使った手抜き料理が広がるよう下のバナーをクリックにご協力くださると嬉しいです!!


レシピブログに参加中♪


ナディアさんでもレシピが見られます。


レシピ開発・監修・執筆などお仕事のご依頼は下記のお申込みフォームよりお願いします。

日本の発酵を世界へ!


インスタグラム フォローくださると嬉しいです----!!

85kazoku で検索♪

▼レシピ掲載中▼
クックパッド

▼最新情報▼
Facebookをチェック

関連記事

  1. 【レシピあり】モニターコラボ☆和風カルボナーラ
  2. 爽快!!”子供のできた”に立ち会えた瞬間
  3. キッチンの断捨離は午前中
  4. フードロスを家庭から
  5. 知っておきたいひき肉を買う心構え
  6. 【レシピあり】フルーツビネガー★イチゴ&レモン
  7. 【レシピあり】ふんわり♪豆腐肉団子和風きのこあんかけ
  8. 速攻発酵おかず☆キャベツのにんにくおかか蒸し

最近の記事

レシピ

PAGE TOP