秋の夜、親子で手仕事。ずんだ愛。

ずんだ、ずんだ、ずんだーーーー

 

息子は先日作ったずんだ餅がいたく気に入ったようです。

”お母さんずんだ餅また作って~!”

”いいよ、一緒に作ろうー”

冷凍枝豆を買ってきて夜ごはん作りの合間に解凍。食後に手仕事スタート。せっせとサヤから豆を出します。ピカピカのキレイな枝豆。

山のような枝豆を目の前にいいペースで豆を出します。すべてはずんだへの愛。ずんだ愛はしだいに冷めていき(飽きてきて(笑))テレビが気になり始めます。それでも頑張ってすべての豆をサヤから出しました。

一刻も早くすり鉢とすりこ木ですりつぶしたいところですが、まだやることがあります。

『枝豆の薄皮を剥く』というヒジョーーーに地味な手仕事(笑)

愛はあるけど集中力が切れてきて『お母さん、手伝って。。。』

 

”手伝って”

これ、大事。困っているときに困っていることを認識してイライラせずに助けを求める。

いいよいいよ、手伝うよ。手伝ってほしい時は気持ちも焦るし悲しかったりイライラしているかもしれないけれどよく言えました。えらい。

優しく言うと本当に伝えたいことが伝わりやすい。

”わかってよ!”

という気持ちも大事だし、伝えたい気持ちも大事。

 

大量の枝豆の薄皮をむくのは、実は私はイヤじゃないタイプ。どうやったら効率的に薄皮を向けるか考えるのが楽しいから♪♪

”薄皮ってむくの~~?”

口は出すけど手は出さない夫よ。食べるだけの人。言うのは簡単です。

みんなで向いた枝豆をすり鉢でつぶします。つぶすときの最大のコツは『優しい気持ち』焦ったり、イライラしていると枝豆がすり鉢から逃げます。逃げると掃除の手間が増えます。だから優しくゆっくり力強く。

根気のいる作業ですが、ずんだ愛ですりつぶせました!

今日はここまで続きは明日やろうね。

好きなことに集中できる、気乗りしないことも我慢できる。これもまた成長ですね♪


そうだ、ローカルに帰ろう

駅から直結!月・水・木は私もキッチンにいまーす(*10/1は私は欠勤ですー。お店は営業してます)

カフェローカル

場所 cocobunji WEST 5階 国分寺駅の北口にあるmiitsというビルに直結した5階

時間 11:00  ~ 20:00
子連れ、ベビーカー、対応あり。

自主開催のレッスンはお休み中です。ご依頼いただくレッスンは随時お受けしております。

これからの時期は甘酒やパンが恋しくなります。手抜きのワザと共に気持ちも発酵しませんか?

気になる方はコチラ↓↓↓までご連絡ください。


インスタグラム フォローくださると嬉しいです----!!

85kazoku で検索♪


【レシピ掲載】クックパッド 


〇予約可
△若干空きあり
×満席


スケジュール


  • 予約可能    〇
  • 若干空きあり  △
  • 満席      ×

関連記事

  1. 子供が成形したパン生地の味は違うのか実験
  2. 梅祭り
  3. 甘酒おはぎ2種
  4. 1日1個しりとり料理
  5. 子供がゲーム時間を守れるようになった
  6. 連休初日は紅葉狩り
  7. 30分夜ご飯作り 理想の料理をするときの頭の中
  8. 3歳児も参加我が家の 夜ご飯つくり

最近の記事

レシピ

PAGE TOP