おすすめおかずについて

やっと終わった・・・

確定申告をポストに入れたときの疲労感は毎年変わりません。

起業された方からも相談を受けることも増えました「確定申告」

申告するための書類作成は会計ソフトを使っています。

ここ数年でやっと使い方に慣れてきました(苦笑)

お花パン↑のように頭をグルグルさせながら入力しています。

ちょっと訳があってシュークリーム。

バターと生クリームを使わずに作ったので洗い物がラク♪♪

お菓子も料理も洗い物まで見据えた道具・工程はこれからもっと見直されるべきだと思います。

少子化も深刻化し、2世帯も減り、深夜労働も改善されない今、毎日のご飯を作る作り手の意識を変えることでヘルシーに効率よく美味しく作った料理で家族を支えられるからです。

 

この日のメインは肉とキャベツ。

肉は甘酒で浸けて柔らかくしておきました。輸入肉もなんのその。

土鍋の火をつけて炊飯しながら、蒸し物2種を1つの鍋で作ります。

蒸し物その①鍋にきのこ、いんげん、ブロッコリーをいれ点火。鍋の上で人参をピーラーでピーピーします。

フタをして蒸し煮5分。

作業台を片付けながら、学校で作ったお菓子の話をききます。

蒸した野菜をザルに上げ、蒸し物その②を作ります。

キャベツ・肉・塩・オリーブオイル・蒸し野菜の水分(ザルの下にたまったエキス)を入れて蒸し煮5分。蒸し物②完成。

火を消してお風呂。

蒸し物その①はお皿に盛り付けみさドレをかけます。

蒸し物その②は味付けせず、そのままお皿に移します。

ひじきと鮭の中骨缶の煮物は昨日作ったもの。そのまま容器をテーブルに移動すれば完成。

我が家の場合、テーブルに移動するときにこぼす率が高いで注意が必要です。

こぼすときはこんなとき。

*容器が熱くてびっくりして落とす
*走った子供が運んでいる子供にぶつかる
*緊張して運んでいるからこそ他の障害物に気付かず自ら撃沈  OMG

 

息子に煮物のお運びをお願いしました。こぼすことなく無事運べました。やったね!

食べながら摂りとめもなく話します。

話題のはじめは「今日のおすすめおかず」について。

「お母さん、今日のおススメは?」

間髪いれず、私が答えます。

「全部です!!!!」

長女が嫌いな肉も末っ子が苦手な煮物に入ったぜんまいも私にとっては全ておススメ。

学校で作ったお菓子のことや、長女のクラスで流行っているガウチョパンツのこと。

ガウチョパンツがガチョウパンツみたいだということ。

話す・食べるのセットは最強のコミュニケーションだと思います。

明日もおススメ作るぞ!


85家族レッスンスケジュール
*一部変更、これから募集開始のレッスンもあります。
3月
13日 水 手作り味噌  もぐもぐ子ども調理室 空きあり
19日月お花パンレッスン レクトサンドカフェ 午前・午後共に満席
20日 火 アレンジゆでないベーグル  もぐもぐ子ども調理室 空きあり
23日 金 発酵おかず  びより 空きあり
27日 火 桜あんぱん  もぐもぐ子ども調理室 空きあり
28日 水 ポット甘酒  びより 空きあり

4月
3日作り方からご馳走巻き寿司まで塩麹レッスン
10日こねないパンレッスン
17日パパッとこねないパンレッスン
24日発酵おかず4月

本文に以下の必要事項を明記ください。
①お名前
②日程、レッスン名
③アドレス
④お電話番号

2営業日以内にご返信いたします。
ご連絡が無い場合は、下記のアドレスまでご連絡ください。
misayo0429@gmail.com
送信完了のお知らせをお電話番号でSNSのご連絡をさせていただく場合があります。


インスタグラム フォローくださると嬉しいです。

85kazoku で検索♪


【レシピ掲載】クックパッド 

〇予約可
△若干空きあり
×満席


スケジュール


  • 予約可能    〇
  • 若干空きあり  △
  • 満席      ×

おすすめ記事

  1. 習慣にしていること
  2. 金柑 ただいま
  3. 子供と一緒にご飯作り。ご飯のおかずは鯵だけなのか問題
  4. お気に入りのキッチン道具と飛行機雲
  5. 日々酒粕
  6. 『考えさせる、信じる、待つ』料理を通じて感じる子供の成長
  7. 速攻発酵おかず☆キャベツのにんにくおかか蒸し
  8. 冬眠したイースト

関連記事

  1. 休みの昼ごはんで頭を悩ませない工夫
  2. 無いなら無いでなんとかなる
  3. 豆苗と新玉ねぎのおかか蒸し
  4. 『考えさせる、信じる、待つ』料理を通じて感じる子供の成長
  5. オーブン鯵フライ ご飯作りで疲れてる場合じゃない 毎日の子どもとの関わり
  6. 料理はしりとり
  7. 4歳包丁デビュー
  8. 花を食卓に欠かさない理由

最近の記事

レシピ

PAGE TOP