発酵家族の料理教室のすごいところ

発酵おかず10月

昨日は夫のお弁当がお休み。

息子が学校イベントでお弁当持参の日だったので

いつもより手をかけて(笑)作りました。

改めて思ったのが、小さいお弁当って作るのが難しい。。。

幼稚園弁当を作っている全国のお母さんに拍手。

毎日お疲れ様です。

 

 

昨日は発酵おかずレッスン10月でした。

このレッスンは発酵食品を広く浅く、旬の食材を使った複数のおかずをご紹介します。

他の料理教室と決定的に違うところがあります。

・フローチャートで手順を見える化

・両手を汚す時間を最短にする工夫

・身近な道具や食材の効率的な使い方

 

発酵食品を使っておいしく作れても、

キッチンが散らかっていたり

使う道具が多いと洗い物や掃除の手間(ストレス)が増えます。

家族がおいしい!と言ってくれる笑顔を作るのが手作りご飯。

ストレスは1gでも減らす努力が必要なのです。

その努力はできない努力じゃない、できる努力。

難しい努力じゃありません。

ね♪

 

びよりが終わるとものすごい勢いで片付けて子供のお迎えに急ぎます。

息子のイベントは保護者も参加するものだったのですが

仕事で行けなかったので、寂しい思いをさせました。

ごめんね。

いつもより夕方の時間をゆっくり過ごしたかったので

飴ちゃんをクチに放り込んで車に乗り込みアクセルを踏みます。

で、渋滞。。。

気付いたら、飴をガリガリ噛んでいました。イライラしてるwww

 

夕方は夜ご飯を作りながら長女と今日あった出来事をシェアしました。

私は仕事のことを、娘は学校のことを。

”お互い、いいことばかりじゃないねー”

それでも、後になって笑って話せる人がいるっていいことですね。

話して気持ちが切り替わったのか、3人が楽しく遊んでいる。

 

肉じゃが風

中華クラゲとキューリともやしの和え物

かぼちゃコロッケ

おから

めかぶ

ご飯

 

肉じゃが風は、切り昆布やらさつま芋やらを追加したので”風”になりました。

家庭料理はちゃんとした名前は無くていいんです。

作り手の思いと家族が喜ぶおいしさが反映されていれば。

 

食後はみさよ電池が残り3%(笑)

3%は読書に費やします。

食器はそのまま。洗わずに寝てしまいました。


*レッスンの感想*

レッスンに来れて、実際に見るとなるほどー!が多かったです。

サラダが一番おいしかった!作ってみたいと思います。

 

かぼちゃをスライスするのが簡単だし、美味しかった!サラダに塩麹を使うことでドレッシングいらないと思いました。

サラダが美味しかったです~♪かぼちゃのポタージュがダシのおいしさがしっかりしていました。鰹節の使い方に驚きました。

子供が小さいので揚げ物ができないのですが、(レッスンでは)”揚げない”コロッケだったので作れそうです。

 

普段の料理にも鰹節を使って入れるのですが、そんなに入れなくて味がでるんだ!と鰹節の使い方が分かりました。

揚げ物は手が汚れるので、揚げ物をしていなかったけれどこの作り方ならできそうです。

 

かぼちゃが1個あるので、ハロウィンに向けて作ってみたいと思います。

キューリを普段の料理で使わないので、新しかったです。ピーラーを使ったキューリのサラダが作れそう。

 

サラダが一番美味しかったです♪友人が遊びに来る予定なので、サラダを作ってみたいと思います。etc


ありがとうございましたー!!!

あとは実践あるのみ、ぜひ作ってみてくださいネ♪

 

レッスンスケジュール一覧です

お申し込みはフォームより受付いたします。

おすすめ記事

  1. 発酵おかず10月 発酵家族の料理教室のすごいところ
  2. 憲法カフェ 憲法カフェスイーツケータリングと手作り餃子を作るワケ
  3. 夫野菜炒め 子供に料理をさせる目的とは
  4. おかげで余裕が増えました!
  5. 協力する大切さを育てる★子供と一緒にマヨネーズを作る
  6. オーブン鯵フライ ご飯作りで疲れてる場合じゃない 毎日の子どもとの関わり
  7. 夏休みの宿題の話をしながらできたてのダシ巻き卵を娘とつまみぐい
  8. 5分で作る子供のワーク

関連記事

  1. 疲れたからこそハンバーグ!子どもと笑顔で作れるポリ袋ハンバーグ作…
  2. 発酵ランチケータリングと選べる自由
  3. クリスマスリース2017 発酵サンタは忙しい
  4. ドーナツ作りの一番の課題3つを乗り越える方法とは
  5. 【レッスンレポ】甘酒は世界を救う
  6. 発酵WS 早く作ってみたくなった!発酵食品ワークショップレポート
  7. 育児と仕事と家事を同時進行で無理なく進めるために習慣にしているこ…
  8. 間違いなく日々のご飯がグレードアップする発酵レッスン

最近の記事

レシピ

PAGE TOP