夜のお迎え

ぬか漬け

うちの夜ご飯は夫が2時間くらい遅いです。

ひとしきり騒いで夜ご飯を食べた後

「今から帰るよ」と電話がありました。

子供達はピョンピョン喜んで

お父さんのお迎えに行く!と嬉しそう。

ご飯を温めはじめてお迎えに出発。

外に出ると、涼しくて気持ちがいい風が吹いていました。

息子が遠くを指差して「あのおじさん、お父さんじゃない?!」←声が大きい

あたりが暗いのに、夫とおじさん(笑)の見分けがつくのは感心します。

私達にも気が付いた夫が走ってきました。

子供達の喜ぶ声。いいですね~

昨日の夜ご飯。

真鱈ときのこのレンジ蒸し
かぼちゃの甘酒煮
千切りかぼちゃと空芯菜の鰹節炒め
切り干し大根とキューリのサラダ
かぼちゃスープ

冷やっこ
ご飯

 

鱈は甘酒に漬け込んで臭みをとるのが私流。

甘酒なくしては我が家の食卓は成り立ちません。

菌達のおかげ。

 

ご飯作りの合い間にぬか床の手入れも忘れずに。

地元産の長茄子がいい色に漬かりました。

野菜室に保存しているぬか床は

毎日混ぜられないこともあります。

手入れは2日に1回混ぜるくらいでも大丈夫。

 

野菜を漬ければあとは菌達を信じて待つだけ。

乳酸菌、酵母が無数に生活するぬか床は

ただのキューリを何倍にもおいしくしてくれます。

おすすめ記事

  1. 通院と夜の月
  2. 育児とおうちごはんの共通点
  3. フードロスを家庭から
  4. ”ちょっと瞑想行ってくる” 息子と一緒に瞑想タイム
  5. 新作!かまぼこパン 家族の反応は・・・
  6. 夜ごはん作りと同時進行で子供とクッキー作り
  7. びよりランチ20171110 娘のサラダが一番おいしいおかずだった夜ご飯
  8. 鬼の親子に豆をまく

関連記事

  1. 運動会練習のお弁当
  2. 夕方のアヤシイおじさん
  3. 渋谷エリアの子連れで行くレストランと遊び場
  4. 85レアチーズケーキ 炒めない秋刀魚の黒酢あんかけ
  5. 新しいことをやってみる
  6. 手作りパンでコミュニケーション
  7. ゆで卵を子供と一緒に作る
  8. ローカルに帰ろう☆カフェローカルプレオープン

最近の記事

レシピ

PAGE TOP