発酵作り置きおかず<その9ゆで卵の塩麹漬け>

発酵食品を使った13品の作り置きおかずを紹介するシリーズ

お酒のお供にもあうおかずです。

ゆでる、漬けるの2ステップで作れます。

子供もお手伝いできます。

ご飯作りは、家族を巻き込みながら作ることを心がけています。

自分達が食べるものだから、

関わりを持って欲しいと思うのです。

 

<ゆで卵の塩麹漬け>

①小鍋に常温の卵、水を入れ火をつける

 

②中火で7分ゆでる

③卵を水につけ、冷めたら殻をむく

④ポリ袋に塩麹、殻をむいたゆで卵を入れる。

⑤空気を抜いて、冷蔵庫で寝かせる。

 

すぐに食べられます、と言いたいところですが

半日は必ず寝かせてください。

白身に塩麹の味が染みて、非常においしくなります。

時間はすばらしい調味料。

おいしくなってね、と待ちます。

茹で加減は私が好きな中身が少し半熟加減です。

柔らかい黄身と塩気の効いた白身のバランスが絶妙です。

 

*同時進行で他のおかずを作るので、タイマーは必須です。

*ゆでたお湯は他の食器を予洗いするときに使いました。

*殻むきはすぐにやらなくて大丈夫。子供がいるときに手伝ってもらうこともあります。

「これは生卵でしょうか、ゆで卵でしょうか?おでこで割って確かめてみよー」

遊びながら割ってます(笑)

 

 



作り置き発酵おかずシリーズ

その1レンチン鶏ハム

その2塩麹漬けゆで卵

その3ゆで根菜

その4根菜おかかオーブン焼き

その5焼き茄子おかか酢醤油漬け

その6甘酒味噌肉そぼろ

その7切り昆布と切り干し大根の煮物

その8ゆでブロッコリー

おすすめ記事

  1. はじめてのお使い
  2. 小田原城 旅行で気付いたこと
  3. 時間に追われるのが苦手だからこそやっている習慣
  4. おせち準備2018 明けましておめでとうございます
  5. 疲れた日こそ、オーブン同時調理でおかず4品と余裕を同時に作る
  6. 自由研究になるかも?!天然色素のクリームソーダ
  7. 夜ご飯20170920 おいしく作りたいと思う気持ちを大切に
  8. 4歳包丁デビュー

関連記事

  1. コンビニコーヒーのボタンを押し間違えて発見したこと
  2. ご褒美手作りケーキ
  3. 食べ物の保湿剤「甘酒」でシットリ♪ローストチキン
  4. 味噌は想い出作り 楽しく味噌を作るためにすること
  5. 発酵おせち2018 ダシガラピザで新年スタート
  6. ラクチンおかずは手抜きおかずではない
  7. どうして、こねないパンを思いついたのか
  8. 3歳児も参加我が家の 夜ご飯つくり

最近の記事

レシピ

PAGE TOP