発酵作り置きおかず<その2塩麹漬けゆで卵>

発酵食品を使った作り置きおかずを紹介するシリーズ

今日は塩麹を使います。

 

塩麹は炒め物や下味に使うかたも多いですね。

今回はゆで卵のつけダレとして使います。

朝時間で作れ、子供にも手伝わせやすいのでよく作ります。

それでは作り方です。

<ゆで卵の塩麹漬け>

①室温に戻した卵6個をゆでます。7分がベストな湯で時間。

②流水につけて冷まし、殻をむく

③ポリ袋に塩麹大さじ2、ゆで卵を加える。

④冷蔵庫で寝かせる(半日~3日)

 

*ゆで卵から水気が出るので時々混ぜましょう

*つけダレはスープに使うと無駄がないです

*冷たい卵の場合は10分ゆでましょう

*サラダやおつまみ、タルタルソースに使うとおいしいです。

 


作業工程としては

鍋に水、卵をいれる

ゆでる*タイマーをセットするのを忘れずに~

流水につける=ポリ袋に塩麹を入れておく

殻をむく

ポリ袋に卵を入れる

 

いたってシンプルなのですが、

複数おかずの同時調理という

切羽詰まった状況だと、ゆで卵の存在を忘れます。

タイマーのセットをお忘れなく。

 

切羽詰まった状況だと、殻をむくこともモタつきます。

残された他のおかずのことで頭がいっぱいだからです。

子供を巻き込む絶好のチャンス。

殻むき作業はお子さんへ任せてしまいましょう。

 

6分ゆでだと少し黄身が半熟状態です。

硬めが好きな方はお好みのゆで加減を研究してください。

 

 

 


作り置き発酵おかずシリーズ

その1レンチン鶏ハム

おすすめ記事

  1. ご飯作りで罪悪感を感じなくていい3つの理由
  2. 手土産に手作りパン
  3. ご飯を作るときの気持ちを自分でコントロールする
  4. パン作りの本当の目的
  5. 発酵食品とゆるっと脱プラの暮らしを目指す★スタッシャー
  6. リピーターが熱く語る発酵家族の魅力3つ!発酵メンバーミーティング…
  7. フードロスを家庭から
  8. ナタデココも発酵食品だった

関連記事

  1. 親子40組住宅展示場にてパン教室
  2. 食べ物の保湿剤「甘酒」でシットリ♪ローストチキン
  3. 献立のレパートリーを増やす方法
  4. ベジピザ ベジピザレッスン【高円寺】
  5. どうして甘酒をお菓子に入れるのか
  6. 料理の写真撮影で大事なこと「色」
  7. デキるどころの話じゃないダシがとれるママ
  8. 【レッスンレポ】こねないパンのお茶会

最近の記事

レシピ

PAGE TOP