私流夏休み子供との関わり方

やることボード

夏休みの宿題、おでかけ、習い事など

時間管理が問われます。

これは小2の息子が朝にやること。

一番下の子を保育園に送迎する間にこなすミッションです。

言葉は消えて残りませんが、文字に落とすことで

見通しがつけらるようにサポートします。

 

「いい加減にしなさい、何度言ったら分かるのよー!!!」

 

と言いそうになった時に

”行動を文字に落とし込んでみるとスムーズに行動するかも?”

と思ったのがキッカケ。

やることをホワイトボードに書いて、本人に見せます。

しばし沈黙・・・←彼の頭のOSで処理中

「じゃ、お見送り行ってくるからね~~」

帰ってくると、出発時間より10分も早くミッション完了。

「全部終わったの?!偉い!」

その場で、さくっと、事実を伝える。

褒めたたえる必要はないです。

 

「自分が行動して、その結果、褒められた」

 

この体験を何度も何度も積むこと。

そのツールとして息子にとって視覚化が有効。

個々で違うと思いますが、いろんな方法を試行錯誤して

たどり着いた子供との関わり方の1つ。

 

大事なのは、大事な人と自分の笑顔。

イライラしてるだけでは、ちっとも解決しませんものね。

関連記事

  1. ネイキッドケーキ 意味は「ありのまま」
  2. 西東京にシェアルームオープン
  3. こねないパン☆ゴマさつま “発酵とは人と仲良しの菌が増えること”
  4. 【レシピあり】バットでキウイフルーツゼリー
  5. 手間3分でほったらかし。ヨーグルトで作れるリッチなデザート
  6. 忙しい朝を楽しむ
  7. 子供の発達障害★母の気持ちを伝える
  8. 【レシピあり】体の芯から温まる♪かきたま汁

最近の記事

レシピ

PAGE TOP