料理はしりとり

魚が好き

骨が苦手な子供も食べやすいように

毎日試行錯誤で作ります。

 

今回のメインのお魚は鰯

時間があるときは、頭付きで買い子供と一緒に手開きにします。

平日は下処理してあるものを選び、すぐに料理にとりかかります。

これから作るのは、甘酒と醤油の煮鰯。

 

圧力鍋に甘酒、醤油、酒を同量(大さじ2.5)、水100gを

入れて沸騰させます。

テリを求めないおかずなので、味醂ではなく甘酒を使いました。

ブリのテリ焼きだったら味醂を使うこともあります。

味醂も発酵食品なので、醤油との相性もいいです。

用途によって甘酒と味醂を使い分けるおかず作りです。

 

鰯に戻りましょう。

圧力鍋に煮立った調味料で火傷しないよう鰯を並べてフタ。20分圧力をかけます。

20分で他の食材を冷蔵庫に入れたり

お風呂に入ったり

明日の保育園の着替えを子供と一緒に袋に入れます。

子供達がお風呂に入るまでが一苦労(時間がかかるー)なので

オーブンで焼く、ゆで野菜用のお湯を沸かす、じっくり蒸し焼きにする

何かしら下ごしらえができる時間だと割り切っています。

夕方5時半、子供も大人もお互い疲れている時間なので

イライラしたくなることもあります。

お風呂に入る必要性を感じていない子に

強制しても反発するだけ。

 

イライラをイライラで返しては問題は解決しませんから

イライラボールが来たら、変化球で投げ返します。

 

お風呂からでたら蒸してあるキャベツ、スライスしたコリンキー

バジルソースで味付け。

当日の朝に茄子と人参を蒸し焼きにして酢醤油と鰹節で味をつけたもの。

この季節にぴったりの冷蔵庫で冷えているとおいしいおかずです。

茄子と人参は余ったので、次の日は手でほぐして

切り干し大根と合わせたサラダにします。

 

料理はしりとり1食で終わらせない工夫を心がけていると

少しずつできるようになってきます。

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. 料理の写真は太陽に感謝 撮影のときに気をつける1つのこと
  2. 発酵のことなら金曜日のびよりへ!日替わり店長
  3. 豚バラブロック甘酒塩麹漬け 甘酒をどうやって料理に使うのか
  4. エピは楽しい!みんなで食べたくなるパンだから
  5. 発酵お店訪問
  6. えのきをハサミで切る 発酵おかず作り脳 ”道具の使い方を見直す”
  7. どうしてママがパンを作りたくなるのか
  8. ”予想通り簡単でした”米粉甘酒シフォンケーキレッスンレポ

関連記事

  1. 週末のご飯作りで余裕作るためにしていること
  2. 切れる包丁は料理上手への第1歩「包丁を研ぐ」
  3. 6時に帰宅して作る発酵夜ご飯とスイカ割り
  4. 3歳児も参加我が家の 夜ご飯つくり
  5. 圧力鍋だけじゃない時短のコツ
  6. 発酵生活をしたいと思っていてもできない人へ
  7. その発想すごい 手抜きの努力
  8. 週末の夕方の余裕はオーブン調理にあった

最近の記事

  1. 焼き茄子おかか酢醤油漬け
  2. 夜ご飯201708016
  3. 根菜おかかオーブン焼き

レシピ

PAGE TOP