どうして甘酒をお菓子に入れるのか

普段のお菓子やパン、おかずに甘酒を少し入れます。
どうして甘酒?少しだったら入れなくても同じじゃない?

料理やお菓子に甘酒を使います。
米と麹で作った自家製の甘酒は
砂糖と違って優しい甘さが特徴。

優しい甘さの正体はオリゴ糖。
甘酒はブドウ糖だけでなくオリゴ糖もあります。
オリゴ糖とは、ブドウ糖分子が数個手をつないだもの。

分子を分解(つないでいる手を切る)すれば甘い!と感じますが
オリゴ糖はブドウ糖より柔らかな甘さ。
このオリゴ糖が腸内の善玉菌のエサとなります。
第2の脳と言われる腸。
免疫を作り体調管理に非常に重要な役割をしています。

腸内には善玉菌は腸内環境によって増えたり減ったりするので
定期的に善玉菌を増やす食生活が必要です。

甘酒にはオリゴ糖だけでなく、乳酸菌も豊富。
乳酸菌が善玉菌を活性化させて体を元気にさせる。

だから甘酒を日常的に食べる必要があるのです。

 

砂糖を沢山とると体が疲れます。
原因は血糖値の急上昇。
脳はブドウ糖が減ると血糖値を上げるホルモンを出します。
脳に響く直球の甘さの砂糖は主原料がブドウ糖。
脳が消費するブドウ糖は1日に消費するエネルギーの18%と言われています。
体を動かすけではなく、脳もエネルギーを消費しています。
ブドウ糖だけが脳の栄養源。
疲れたり、やる気を起こす時にチョコレートがほしくなるのも
納得がいきます。

チョコを食べると血糖値が急激に上昇。
やる気がでます。
どころが、血糖値が上がりすぎるのは体にとって良くないので
血糖値を下げるホルモンを出します。
今度は血糖値が急降下。

米粉と甘酒を使いました。
手作りの活きた甘酒を使っているので
必須アミノ酸、ビタミン、乳酸菌が沢山入っています。
スイーツだけど罪悪感が少し減ります。

米粉甘酒ロールケーキ

水切りヨーグルトをクリーム代わりに使い

しっとり甘さ控えめでフルーティーなケーキ。

 

甘酒はおいしく乳酸菌を取れる自家製サプリ。

 

おすすめ記事

  1. 【レシピあり】みかんヨーグルトレアチーズケーキ
  2. 魚のおかずで迷ったらコレ!鮭のカリカリ焼き
  3. 付箋 発酵おかず作りゼミ<体験版>
  4. 【レシピあり】運動会に♪豆腐肉団子ソテー
  5. 【レシピあり】おばあちゃんを思い出して★切干大根の煮物
  6. 朝ごはん、女子は米粉パンケーキ男子はずんだ餅
  7. 梅雨明けが待ち遠しい夕方の空
  8. 親子弁当と子離れ

関連記事

  1. 料理の写真は太陽に感謝 撮影のときに気をつける1つのこと
  2. こねないパン生地 洗い物が大キライ
  3. クリスマスリース2017 発酵サンタは忙しい
  4. 【動画あり】レッスントラブル☆食べなさいオーラを出さないご飯作り…
  5. 【残席2】こねないパンレッスン@高円寺
  6. 甘酒 本格無添加ポット甘酒レッスン【国分寺】
  7. フローチャート 発酵料理をするようになったら夫婦仲が変わった
  8. 【レシピリンク掲載】水っぽくならない!ほうれん草の洋風白和え

最近の記事

レシピ

PAGE TOP