どうして甘酒をお菓子に入れるのか

普段のお菓子やパン、おかずに甘酒を少し入れます。
どうして甘酒?少しだったら入れなくても同じじゃない?

料理やお菓子に甘酒を使います。
米と麹で作った自家製の甘酒は
砂糖と違って優しい甘さが特徴。

優しい甘さの正体はオリゴ糖。
甘酒はブドウ糖だけでなくオリゴ糖もあります。
オリゴ糖とは、ブドウ糖分子が数個手をつないだもの。

分子を分解(つないでいる手を切る)すれば甘い!と感じますが
オリゴ糖はブドウ糖より柔らかな甘さ。
このオリゴ糖が腸内の善玉菌のエサとなります。
第2の脳と言われる腸。
免疫を作り体調管理に非常に重要な役割をしています。

腸内には善玉菌は腸内環境によって増えたり減ったりするので
定期的に善玉菌を増やす食生活が必要です。

甘酒にはオリゴ糖だけでなく、乳酸菌も豊富。
乳酸菌が善玉菌を活性化させて体を元気にさせる。

だから甘酒を日常的に食べる必要があるのです。

 

砂糖を沢山とると体が疲れます。
原因は血糖値の急上昇。
脳はブドウ糖が減ると血糖値を上げるホルモンを出します。
脳に響く直球の甘さの砂糖は主原料がブドウ糖。
脳が消費するブドウ糖は1日に消費するエネルギーの18%と言われています。
体を動かすけではなく、脳もエネルギーを消費しています。
ブドウ糖だけが脳の栄養源。
疲れたり、やる気を起こす時にチョコレートがほしくなるのも
納得がいきます。

チョコを食べると血糖値が急激に上昇。
やる気がでます。
どころが、血糖値が上がりすぎるのは体にとって良くないので
血糖値を下げるホルモンを出します。
今度は血糖値が急降下。

米粉と甘酒を使いました。
手作りの活きた甘酒を使っているので
必須アミノ酸、ビタミン、乳酸菌が沢山入っています。
スイーツだけど罪悪感が少し減ります。

米粉甘酒ロールケーキ

水切りヨーグルトをクリーム代わりに使い

しっとり甘さ控えめでフルーティーなケーキ。

 

甘酒はおいしく乳酸菌を取れる自家製サプリ。

 

おすすめ記事

  1. 干し芋 レモンパンレッスンレポ
  2. 夫とみさよ 夫婦でゆっくり話す時間
  3. 秋味こねないパン 連休最終日帰宅後10分で夜ご飯
  4. 子供の発表会で涙|道端で1000円!
  5. 味噌は想い出作り 楽しく味噌を作るためにすること
  6. 来て来て!レッスン 【募集】発酵おかず作りゼミ@西国分寺
  7. 発酵おかず11月 七五三でした!
  8. 夜ご飯20170831 ご飯作りのドタバタで怒り沸騰

関連記事

  1. 世界で1つだけの母の日プレゼント
  2. スプーン1杯でご飯が3倍イケるふりかけ作りのWS
  3. 味噌は想い出作り 楽しく味噌を作るためにすること
  4. 米粉パンと小麦パンの違いを比べる
  5. 3歳児も参加我が家の 夜ご飯つくり
  6. 休みの昼ごはんで頭を悩ませない工夫
  7. 【募集開始】85コース第1期
  8. キューリの塩もみと娘 育児と同時進行★発酵夜ご飯

最近の記事

  1. ゴロゴロ豚肉と野菜の黒酢炒め
  2. 日の丸弁当
  3. 20171116
  4. オーブンオムレツ

レシピ

PAGE TOP