どうして甘酒をお菓子に入れるのか

普段のお菓子やパン、おかずに甘酒を少し入れます。
どうして甘酒?少しだったら入れなくても同じじゃない?

料理やお菓子に甘酒を使います。
米と麹で作った自家製の甘酒は
砂糖と違って優しい甘さが特徴。

優しい甘さの正体はオリゴ糖。
甘酒はブドウ糖だけでなくオリゴ糖もあります。
オリゴ糖とは、ブドウ糖分子が数個手をつないだもの。

分子を分解(つないでいる手を切る)すれば甘い!と感じますが
オリゴ糖はブドウ糖より柔らかな甘さ。
このオリゴ糖が腸内の善玉菌のエサとなります。
第2の脳と言われる腸。
免疫を作り体調管理に非常に重要な役割をしています。

腸内には善玉菌は腸内環境によって増えたり減ったりするので
定期的に善玉菌を増やす食生活が必要です。

甘酒にはオリゴ糖だけでなく、乳酸菌も豊富。
乳酸菌が善玉菌を活性化させて体を元気にさせる。

だから甘酒を日常的に食べる必要があるのです。

 

砂糖を沢山とると体が疲れます。
原因は血糖値の急上昇。
脳はブドウ糖が減ると血糖値を上げるホルモンを出します。
脳に響く直球の甘さの砂糖は主原料がブドウ糖。
脳が消費するブドウ糖は1日に消費するエネルギーの18%と言われています。
体を動かすけではなく、脳もエネルギーを消費しています。
ブドウ糖だけが脳の栄養源。
疲れたり、やる気を起こす時にチョコレートがほしくなるのも
納得がいきます。

チョコを食べると血糖値が急激に上昇。
やる気がでます。
どころが、血糖値が上がりすぎるのは体にとって良くないので
血糖値を下げるホルモンを出します。
今度は血糖値が急降下。

米粉と甘酒を使いました。
手作りの活きた甘酒を使っているので
必須アミノ酸、ビタミン、乳酸菌が沢山入っています。
スイーツだけど罪悪感が少し減ります。

米粉甘酒ロールケーキ

水切りヨーグルトをクリーム代わりに使い

しっとり甘さ控えめでフルーティーなケーキ。

 

甘酒はおいしく乳酸菌を取れる自家製サプリ。

 

おすすめ記事

  1. 干し芋 レモンパンレッスンレポ
  2. ひな祭りの甘酒びよりランチ
  3. みんなおいしいパン3種
  4. 生カリフワラーサラダ 斬新!パリパリ生カリフラワーのサラダ
  5. 夜ご飯201708016 ギガ恐竜展とその日の夜ご飯作りの段取り
  6. クッキー クッキーファミリー
  7. ドーナツタワー 家族が好む味を探る料理してますか?
  8. グラノラバー 「酵母と麹」同じこと、違うこと

関連記事

  1. 甘酒肉味噌そぼろ 発酵作り置きおかず<その6甘酒味噌肉そぼろ>
  2. 付箋 発酵おかず作り脳 ”どうして手際よく作れないのか”
  3. 手抜きの努力をする週末の夜ご飯 
  4. 焼き茄子おかか酢醤油漬け 【レッスンレポ】コレなら作れそう!夏の鰹節レシピ
  5. 料理の写真撮影で大事なこと「色」
  6. 切り昆布と切り干し大根の煮物 発酵作り置きおかず<その7切り昆布と切り干し大根の煮物>
  7. 小豆甘酒アイス 発酵した自家製あずきバー
  8. ゆで根菜 発酵作り置きおかず<その3ゆで根菜>

最近の記事

レシピ

PAGE TOP