手抜きの努力をする週末の夜ご飯 

朝ごはん~昼ごはん作りの私流のノウハウをお伝えしました。
「手抜きをしたいから手抜きの努力をする 」続いて夜ご飯。

週末のご飯作りは3食手作り。
手作りなんてムリ!
10年前はそんなふうに思っていました。
続けられる作り方、手抜きのコツを踏まえるからこそ
3食手作りができます。
コツを踏まえなかったら、今の私でもムリ(笑)

ご飯作りで頭が痛いのは献立作り。
まずはメインを決めます。

鰹のたたきをベースにしたご飯を作ります。
メインは切るだけなのでラク。
問題はおかず。
和をベースにしたいので、
ひじきの煮物に決めました。
昼ごはんの片付けやおやつの時間に
ひじきを水に戻します。
昼なのに、夜ご飯の準備。
準備といってもたった5分で完了。
夕方にはいい具合に戻っています。

IMG_20170416_173725

ひじきの煮物といえば、人参がつきもの。
包丁、まな板は使わず、スライサーで切ります。
鍋の中に直接すりおろせば
人参が飛び散ることなく、手間が省けます。

IMG_20170416_173844

さっと洗った切り干し大根を
人参の上に乗せ、キッチンバサミで切ります。

IMG_20170416_174016

水で戻していないので、硬い。。。
と思っていたら、事件が起きました。

IMG_20170416_174201

ハサミ破壊

金具が完全に折れてます。修復不可能。
切り干し大根恐るべし。
壊れた壊れたそ騒いでいたら、夫が修理を請け負ってくれました。
自力でやらず、自然な流れ(?)で家族の手を借りるのもコツ。

IMG_20170416_174840

白和えように茹でた豆腐の残りがあったので追加。

IMG_20170416_175041

さつま揚げも加えて、醤油で味をつけます。
そのまま5分中火で煮ます。
クタクタでカスカスにならないよう、
さつま揚げは煮過ぎないのがコツ。

鰹のたたきにはたっぷり野菜を添えます。

IMG_20170416_180120

鍋を中火に点火。
大根、キャベツ、切り昆布、もやし、パプリカを切って
次々鍋に加えます。醤油麹と油を少し、水を加えて蒸し焼き。5分。

IMG_20170416_180920

蒸し時間の5分でトマトのタネを取って角切り。
(タネは私が食べちゃいます)
赤がチラついていると料理が映えるので
トマトを鰹のたたきの飾り用に使うのです。

IMG_20170416_180206

5分はあっという間。
醤油麹と油で蒸していたものができました。
さっと混ぜてお皿に広げて冷まします。

 

ここで中断
子供がお風呂からでました。
キレイになったれちょ!
ドヤ顔の娘。
ハイハイ、キレイになったねぇ~
手をよく拭いて着替えを手伝います。
ガス台は使っていないので、焦がす心配ゼロ。安心。

着替えを最低限手伝ったら、後は自分でやろうね。
母は料理に戻ります。

鰹のたたきを切ります。
料理に使うエネルギーを8割消費しているので
今さらまな板を出したくない。
たたきを切るのはタッパーの上で切ってみます。
タッパーのフチを手で取ります。

IMG_20170416_181057

タッパーを切らないくらいの力で切りますcut!

IMG_20170416_181137

必ず付属のタレがついていますが使いません。

IMG_20170416_181118

IMG_20170416_182141

レモンの果汁と醤油を混ぜて即席タレのできあがり。

IMG_20170416_181345

切った端っこにタレをつけて味見。
作った人の特権ですね。
タッパーの上で切った鰹のたたき。
作業台まで切ってるんじゃないの?
と心配になりますが、ご安心を。

IMG_20170416_181423


タッパーの底です

切れてなーい!
切れている鰹を使えばもっとラクですが
サクで買ったほうがお得なのです。
本当に時間がない!というときは
潔くカットしてある鰹を選び
ちょっと時間があるし、たくさん食べたい!
というときは、サクを選びます。
鰹をサクで買ったのは他にも理由があります。
厚めに切って、明日のお弁当用に使いたかったから。

IMG_20170416_181709

タッパーに厚切り鰹、甘酒、醤油で漬けて冷蔵庫へ。

鰹は冷めた蒸し野菜に盛り付けます。
たっぷりゴマとちぎったシソ、トマトを散らしてできあがり。
ひじきの煮物を盛りつけ、白和え・ポテトサラダも運んだら
みんなが席に着くまでの時間でシンクの洗い物をやっつけます。
めんどくさい。。。なんて考えてる時間がもったいない。

やるもんだから、シカタガナイ。イッキに洗い物を終わらせます。

このボリュームの洗い物は5分で終わる
経験から所要時間が分かるとゴールが見えるので行動に移しやすいのです。
洗い物に何分かかるか計ったことがありますか?

さて、みんな席につきました。いただきます!
IMG_20170416_183502

息子がすったゴマを使った白和え
息子と娘がむいたジャガイモのポテトとゴルゴンゾーラのサラダ
鰹のたたきと塩麹蒸し野菜
ひじきの煮物
炊きたて土鍋ご飯

たっぷり作ったひじきの煮物は次の日のお弁当。
蒸し野菜も次の日の朝ごはんの味噌汁の具に展開。

ご飯の後も、これらをするのが私のルーチンワーク。
明日のご飯を研ぐ
連絡帳を書く
大河ドラマをみる

破壊したキッチンハサミを治すことではなく
ご飯を作ることが優先。
やりたいこと・やるべきことが沢山あります。
キャラ弁やキラキラしたご馳走を作る必要はなく、
今の私が努力できそうな努力をしたいと思うのです。

おすすめ記事

  1. 料理の写真は太陽に感謝 撮影のときに気をつける1つのこと
  2. 来て来て!レッスン ▼発酵おかずレッスン1月▼
  3. 発酵家族の料理教室のすごいところ
  4. 生カリフワラーサラダ 斬新!パリパリ生カリフラワーのサラダ
  5. エピは楽しい!みんなで食べたくなるパンだから
  6. びよりランチ20170908 子供と向き合いたいから、オーブンでおかずを作る
  7. どうして甘酒をお菓子に入れるのか
  8. 秋味こねないパンレッスン@レクトさん 【満員御礼】秋味こねないパンレッスンレポ

関連記事

  1. 日々のご飯作りに発酵食品をプラス
  2. オーブン大学芋 働くかーちゃんはカッコイイ!
  3. 料理はしりとり
  4. ギフトショー ギフトショーと楽しいポップコーン作り
  5. 子供が成形したパン生地の味は違うのか実験
  6. ポーチドエッグサラダ 日曜日の夜は計算された手抜きで省エネ調理
  7. 週末のご飯作りで余裕作るためにしていること
  8. ゼッケン これだけは苦手なもの

最近の記事

  1. かぼちゃと生ハムサラダ
  2. さつまいも煮
  3. 来て来て!レッスン

レシピ

PAGE TOP