日々のご飯作りに発酵食品をプラス

ご飯作りで一番の悩みは献立

毎日同じおかずは飽きるので、
あまり作り置きはしません。

アレンジできないものは
アレンジする努力をしたいか?したくないか?
を吟味します。

もしかしたら、他のレシピのほうが自分にあっているかもしれない。
いつも冷蔵庫にいる「私見て~~、使ってよー」の声に悩まされなくて済みます。

悩むことはストレスです。

ただでさえ、夜ご飯作りの5時半は怒涛。

子供の宿題を見たり、米びつをあけそうな子供(米で遊びたい)
に声をかけたり、洗濯するものを選別(汚れていないものは使いまわします)
洗濯するものは洗濯機へ。そうでないものはたたんでしまう・・・。
ご飯作り以外にやることが多く、ご飯作りに集中できません。

ご飯作りで一番時間がかかるのが切る
ゴボウや大根、人参といった根菜類は特に時間がかかります。
例えば人参はスライサーを使うだけでスピードアップ。
鍋の中でスライスして、塩麹と油を少し入れて蒸し焼き。
その間、他の野菜を順次切っては鍋に追加。。。
加熱して甘みがでる野菜から切っていくと段取りがよいです。
朝ごはん作りのついでにジップロックの中で
人参をスライスしておくこともあります。
スライスした人参が飛び散ることがないので
作業台に散らかった人参をふき取るストレスがなく、快適。

蒸し煮は本当に便利なのでよく作ります。
塩麹と少しのオイルで。
蒸し時間はさっと5分のときもあれば
じっくり20分かけることも。

その日のお腹と食材と家族の体調をみて
食材や蒸し時間を選んでいます。

夜ご飯作りは私にとっての最後の〆仕事。
運動会のリレーのような存在です。
エールをおくるためにコレをレンチンして
チビリと食べながら作ります。

IMG_20170414_174007

酒粕(笑)
心の友がくれました。

酒粕は酒のカスと書くけれど
質のよいものはカスではない。

ジューシーで香り高くクリーミー
まるで食べる日本酒

レンジ(550W)で20秒が今のベスト温度。
30秒ではイケマセヌ。20秒です。
ホカホカと湯気がでるくらいの温かさ。

子供達は美味しいナニかだと思って食べたがるので
早々にお腹に入れて、夜ご飯作りにとりかかる毎日です。

少しの塩麹、少しの酒粕
そんなふうに私の元気な日々のご飯作りに
発酵食品が欠かせません。

おすすめ記事

  1. 発酵と人の共通点
  2. 協力する大切さを育てる★子供と一緒にマヨネーズを作る
  3. 茄子の煮浸し 発酵作り置きおかず<その13焼き茄子>
  4. 干し芋の嫁入り
  5. 末っ子運動会
  6. 夜ごはんは子供達とグラタン作り
  7. スーパームーン★発酵レシピ
  8. 笑って食べてこそ

関連記事

  1. 空をみよう
  2. 子供の発表会で涙|道端で1000円!
  3. おにぎりを握る
  4. 子供がゲーム時間を守れるようになった
  5. ぬか漬け、手作り干し芋 ささやかな私の楽しみ
  6. 産褥ヘルプ 産褥ヘルプ行ってきました!
  7. 白菜とウィンナーのおかか煮 パン作りがストレスになるならやめたほうがいい
  8. みんなおいしいパン3種

最近の記事

レシピ

PAGE TOP