子供が成形したパン生地の味は違うのか実験

IMG_20170205_085459

「ちょっと待って、ママパン作っているんだから!」

グズる子供をさとすママ。
服をひっぱる子供が余計に慣れないパン作りを焦らせます。

「どうして、ママ見てくれないの・・・寂しいだけなのに」

 

誰のために作っているパンですか?
ご自分ですか?お友達ですか?

いえ、違います。

きっと、それは大事な子供のため。

 

子供を喜ばせるために作ってるはずが、
今、子供を悲しくさせてる。
これがおうちでパンを作るママの実情。

しかめっ面して作るくらいなら、
生地を少し取り分けて好きにすればいい。

生地をもらった子供はきょとんとしたかと思うと
パッと顔が明るくなり

「ママと一緒だ!」
「マネしてみたい!」

俄然やる気が満ちてきます。
ところが、生地はグルテン(コシ)があるので
生地が伸びにくく、ギューギュー押したりちぎったり
まるで粘土遊びになってきました。

それでも口出しせず、ママはせっせとベーグル作りに集中。
成形できた達成感とは裏腹に
粘土パンで遊ぶ隣の子供。

「あーー、違う違う!
もう、ママがやるからかして!」

無理やり子供から生地をとる必要はありません。
きっと、その時はしかめっ面になるから。
ママが作るパンは、しかめっ面で作るものではなく
楽しく気持ちよく作るもの。

「パンを焼くから、ココに置いてみようか、できる?」

自分でやることが大好きな時期に効果的な声かけ。
(ママではなく)子供の手で耐熱紙に置かせます。
パン作りをやった!達成感で子供はニコニコ。
他のおもちゃへ走っていきます。
その間、ママはささっと成形しなおし、2次発酵。

粘土パン、おいしく焼けるのか不安。
だって、ちゃんと成形しなくちゃいけないものでしょ。

ママのベーグルと子供のベーグル。
焼き上がりに違いは出るのかでしょうか。

IMG_20170312_170357

右上、右下→子供ベーグル

左上、左下→ママベーグル

 

<断面>

IMG_20170312_170743
左→子供ベーグル 右→ママベーグル

 

子供ベーグルは若干気泡が入っているものの
味にほとんど差は無ありませんでした。

ママみたいに作れた!

焼きたてを頬張る子供の顔が
ママの作るパンの価値なのではないでしょうか

関連記事

  1. 譲れた・待てた 子供の成長を感じた嬉しい1日
  2. もやしとわかめと中華クラゲ 少ない手間でイメージ通りのご飯を作ると達成感が生まれる
  3. 山梨旅行 子連れで行けるスポット情報
  4. 【レシピあり】甘酒人参ラペ バジル風味
  5. 家でシフォンを焼く理由
  6. お弁当作りのために起きる方法
  7. 医者いらずほっこり♪冬の発酵おやつ
  8. ソースから手作り☆子供と一緒に洗い物が少ない手作りピザ

最近の記事

レシピ

PAGE TOP