アジフライを油大さじ1で作れる訳は、ほったらかしオーブンおかずにあった

たっぷりの油で揚げるアジフライ。
サクサク!ジュワ~とした衣がおいしいですね。
ですが、油の始末や小さい子供がいる状況では
揚げ物は大変めんどうなこと

めんどうなことは続きませんし、
楽しく作れない。

どうして めんどうなこと と感じるか
普段のご飯で作るなら、
アジフライだけ作ればいいのではなく
おかずを作ったり、ご飯を炊いたり。
子供がぐずれば相手をしたり。。。
油の処理や油がついた鍋を洗うときに
洗剤で手が荒れないように手袋をしなくてはいけなかったり。
手袋をしないと、手がガサガサになってアカギレになったり。

揚げ物はおいしいけれど、後片付けがめんどうなのです。

ご飯作りは忙しいもの。
でも、アジフライがたった大さじ1杯の油でできるなら
アジフライ全部がアツアツで食べられるなら
ご飯作りに少し余裕ができませんか?

IMG_20170304_160817

 

IMG_20170304_160914
塩麹で下味をつけた鯵を
大さじ1の油をまぶしたパン粉(1カップ弱)をつけます。
衣はパン粉だけ。
溶き卵や小麦粉は使いません。

耐熱紙を敷いた天板に並べた鯵を
オーブンでイッキに焼きます。
めんどうな予熱はいりません。
200℃で15分~20分
パン粉に焼き色がついたらできあがり。

ご飯の時間を逆算してオーブンのスイッチを押せば
できたてのアツアツを食べられます。
後片付けは耐熱紙1枚をごみ箱に入れるだけ。(なんてラク!)

「先に食べてて」

を言わない余裕のあるご飯作り。
キューリのぬか漬けを入れた和・タルタルをたっぷりかけて
ママも一緒に席について全員でいただきましょう!
今回使った発酵食品は塩麹。
塩では出せない素材の旨みを引き出す発酵の力が
ご飯作りを発酵食品がサポートしてくれます。

関連記事

  1. 満員御礼 基本のおうち干し芋
  2. 食後は子供とプラレール遊び★楽しむコツはご飯作りの段取りにあり
  3. スタジオm東京に進出
  4. リンクあり★肉ゼロ豆腐ローフと日々のこと
  5. かぼちゃ甘酒食パン パン作りは酵母を飼うこと
  6. 憲法カフェ 憲法カフェスイーツケータリングと手作り餃子を作るワケ
  7. 兄弟あるある”どっちが先にやるケンカ”
  8. 子供を信じて待つ

最近の記事

レシピ

PAGE TOP