そもそもオーブンの温度設定が分からないときに見るべきポイント1つ

オーブンが便利なのは分かるけど、

いったい何度で焼けばいいの??うちのオーブンじゃ力不足なのでは・・・

今年受けた質問トップ3に入るほど困っている方が多い。

 

オーブンの温度設定って分かりにくいですか?

ハンバーグを作るときの温度は200℃ぐらい

予熱はせずに、冷たいオーブンにハンバーグを入れて

200℃で15

お箸を刺して肉汁が透き通っていればできあがり。

肉汁がにごっていれば5分追加。

パンやお菓子と違い、オーブンおかずの温度設定は適当でかまいません。

基本は200℃15分を覚えておいて。

こんがり焼き色がつけばいい、ということです。

焼いている15分は子供との時間や他のおかず作りに集中できます。

 

発酵とは「人と仲良しの菌が増えること」

菌だけじゃなく、笑顔や想いも増えていることを確信します。

 

 

今年は随分発酵とオーブンで助けられました。

オーブンはフライパンを使うようなもの。

ハンバーグを焼くときはオーブンで何個も作れるので

次の日に使いまわせる。

ハンバーグだけを焼くなんてもったいない。

すきまになると金時を入れて焼いたら

とびきりおいしい焼き芋ができました。

栗を使わずかぼちゃと和えて、とびきり金団ができました。

img_20161230_092832

 

 

 

 

 

 

img_20161230_093320

 

 

 

 

 

 

紅白こねないパン

ビーツゼリー

かぼちゃ金団

生カリフラワーと生ハムの甘酒ドレッシングサラダ

img_20161230_093707

おすすめ記事

  1. 朝から嬉しい♪お父さんと同じお弁当
  2. 発酵と人の共通点
  3. 味噌の発酵は微生物の連携プレー
  4. クリスマス2017 みんな気付かず!ほぼ豆腐のチョコクリーム
  5. 30分夜ご飯作り 理想の料理をするときの頭の中
  6. 続けたい私の楽しみ
  7. ローストポーク ケーキと肉を同時に焼くと香りは移る?
  8. 家族全員そろって食べる週末の夜ごはん

関連記事

  1. 秋の夜、親子で手仕事。ずんだ愛。
  2. 黒こげトースト 黒こげマシュマロトースト
  3. 手抜きをしたいから手抜きの努力をする
  4. 年末準備 甘酒芋きんとん
  5. 夫野菜炒め 子供に料理をさせる目的とは
  6. 柿で挨拶 
  7. 子供の習い事時間と母親時間のタイムスケジューリング
  8. 甘酒スコップケーキ☆生クリーム不使用 子供達が包丁を使わず鍋を作る

最近の記事

レシピ

PAGE TOP