そもそもオーブンの温度設定が分からないときに見るべきポイント1つ

オーブンが便利なのは分かるけど、

いったい何度で焼けばいいの??うちのオーブンじゃ力不足なのでは・・・

今年受けた質問トップ3に入るほど困っている方が多い。

 

オーブンの温度設定って分かりにくいですか?

ハンバーグを作るときの温度は200℃ぐらい

予熱はせずに、冷たいオーブンにハンバーグを入れて

200℃で15

お箸を刺して肉汁が透き通っていればできあがり。

肉汁がにごっていれば5分追加。

パンやお菓子と違い、オーブンおかずの温度設定は適当でかまいません。

基本は200℃15分を覚えておいて。

こんがり焼き色がつけばいい、ということです。

焼いている15分は子供との時間や他のおかず作りに集中できます。

 

発酵とは「人と仲良しの菌が増えること」

菌だけじゃなく、笑顔や想いも増えていることを確信します。

 

 

今年は随分発酵とオーブンで助けられました。

オーブンはフライパンを使うようなもの。

ハンバーグを焼くときはオーブンで何個も作れるので

次の日に使いまわせる。

ハンバーグだけを焼くなんてもったいない。

すきまになると金時を入れて焼いたら

とびきりおいしい焼き芋ができました。

栗を使わずかぼちゃと和えて、とびきり金団ができました。

img_20161230_092832

 

 

 

 

 

 

img_20161230_093320

 

 

 

 

 

 

紅白こねないパン

ビーツゼリー

かぼちゃ金団

生カリフラワーと生ハムの甘酒ドレッシングサラダ

img_20161230_093707

関連記事

  1. 甘酒を沢山作ったとき
  2. 花のある生活で毎日をより豊かに
  3. 子供と料理をする意味
  4. 手作りシュトーレンの3つのいいところ
  5. 楽しみの種を育てる
  6. ハートの舞茸 夫婦の会話と険悪な雰囲気をすくった救世主
  7. コスモス畑と踊りながら夜ごはん作り
  8. クリームパン 子供同士のケンカ

最近の記事

レシピ

PAGE TOP