料理の写真は太陽に感謝 撮影のときに気をつける1つのこと

お料理の写真、残念な撮り方をしていませんか?

 

みさよさんの料理の写真っていつもおいしそう!

 

よくいただくお言葉。とても嬉しいです。

決してプロのカメラマンではなく

お料理の写真をアップするときのチョットしたコツがあるだけなのです。

 

「今日のランチ」

「これがおいしかったよ」

 

インスタやfbでお料理の写真を投稿することもありますが

カメラボタンを押す前に気をつけることがあります。

 

それは

 

お料理に太陽の光を当てること

 

蛍光灯など人工的な明かりではなく、太陽の光を被写体(お料理)に当てることが最大のコツ。

 

蛍光灯がついていたら消す

被写体は太陽の光が当たる窓際に移動させる

では、実際に私が自宅でどうやって撮影しているか?

ゴツイ機材や高価なカメラを使って撮っているのでしょうか。

家ではこのように撮っています。

20161222090322

 

 

 

 

テーブルの上だと日当たりがよくないので床に移動(←外食のときはNG)

一眼レフではなく、スマホで撮ります。

角度は必ず真上から。斜め上から撮るより動きが出ます。

実際の写真がこちら

img_20161211_141150

 

 

 

 

 

 

繰り返しますが、スマホで撮っています。

太陽の光で撮った写真は加工の必要が少ないので

撮ったらすぐにインスタやfbにアップできるスピーディーな流れ。

 

英字新聞や大きめの風呂敷が大いに役に立ちます。

フローリングの床が見事に隠れオシャレ感が揚がります。

マフラーやストール、子供服(!)なども背景素材としておススメ。

 

フードコーディネーターですが、実際に撮る方法や工夫は撮りながら覚えました。

 

太陽の恵みに感謝

 

これからご馳走シーズンになりますが、ぜひ一度思い出して撮ってみてください。

おすすめ記事

  1. ギフトショー ギフトショーと楽しいポップコーン作り
  2. 発酵のことなら金曜日のびよりへ!日替わり店長
  3. 料理上手の近道かも!プライベートレッスン
  4. 娘が作った春巻きが私より上手い
  5. もぐもぐ子ども調理室20171107 大人も子供も発酵料理で自己肯定感を高める
  6. 発酵生活をしたいと思っていてもできない人へ
  7. できない言い訳を考える前にできることに感度を上げる
  8. 市販のお菓子と手作りお菓子の違いはココにあった

関連記事

  1. 来て来て!レッスン 【募集】発酵おかず作りゼミ@西国分寺
  2. 必ずこぼす85家族のハンバーガー
  3. 米粉100%蒸しパン作り2つのラクチン♪ポイント
  4. 基本のこねないパン誕生のきっかけ
  5. レシピ本を探す時間は無駄 覚えやすいレシピだから定番にできる
  6. 発酵ご飯作りゼミ<体験版>開始のお知らせ
  7. 【実況】次の日のお弁当を見越したご飯作りをどうやって作っているの…
  8. 【募集開始】第4回ママ嬉業セミナー

最近の記事

レシピ

PAGE TOP