その子にあった対応が必ずある

「卵割る人~~!!」

3人の子供達は卵割りが大好き。

2歳・6歳・10歳が元気に手を挙げます。

作るおかずは、小松菜と卵の塩炒め

一番上の娘と一番下の娘が卵担当

真ん中の息子が小松菜炒め担当です。

洗濯物や他のおかずの準備をしていたら

早速アクシデント発生。

img_20161110_181932

卵が落下・・・アウ

 

 

「ぬぁにやってんじゃーーーー!!!」

間髪いれず怒っていましたが(←昔はね)

事情を聴くと「娘の優しさ」があったのです。

 

下の子も卵を割りたかったので、

下の子目線にするべく、イスの上で卵を割らせたところ

お皿の上に卵を落とせず、イスにバウンドして床に落下。という筋書き。

結果はともかく、その行動はとてもいい!

その子にあわせたアプローチを考えているのが分かります。

2歳だから、やんなくていい。じゃないの。

必ず、その子に合ったできる方法があるんです。

 

卵の量は減ったけれど、みんなで作った炒め物

丁度いい小松菜の硬さ、卵のゴロッと感でおいしくいただきました!

 

昨日の週末ランチは炊き込みご飯。

img_20161113_122509

鰹節を入れてダシも食べるレシピ。

どーせ使わないダシガラを出すぐらいだったら

ダシも食べちゃえ!ということ。

少し薄味だった炊き込みご飯。

レシピ化できるように試作を重ねます~

付け合せのぬか漬けの色が鮮やかで、嬉しくなりました。

塩麹に漬けた豚の肩ロースを煮た汁でみぞれ汁も作りました。

 

炊き込みご飯はそのまま食べてもおいしいけれど、

おにぎりにしても美味しい!!!

息子が大好きなので、たくさん握ります~~

 

 

 

img_20161113_122726

おすすめ記事

  1. 夜ご飯20170831 ご飯作りのドタバタで怒り沸騰
  2. 来て来て!レッスン 1月12日こねないパンレッスン【国分寺】
  3. 紅茶 やりたいことvs育児 のバランスって何だろう
  4. 材料4つ★病み上がりには甘酒でミルクセーキ風を。
  5. 通院と夜の月
  6. 根菜おかかオーブン焼き 発酵作り置きおかず<その4根菜おかかオーブン焼き>
  7. 私にとってオーブン料理の魅力とは
  8. 暮らしを豊かにするためにしていること

関連記事

  1. そもそもオーブンの温度設定が分からないときに見るべきポイント1つ…
  2. クリチアイスで暑さを楽しむ
  3. 発酵生活をしたいと思っていてもできない人へ
  4. 起業するなら知っておきたいこと
  5. 暮らしを豊かにするためにしていること
  6. ドーナツ作りの一番の課題3つを乗り越える方法とは
  7. 夏休みの宿題の話をしながらできたてのダシ巻き卵を娘とつまみぐい
  8. 動画あり☆古漬けをロールキャベツに入れました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

レシピ

PAGE TOP